« 自家製ラーメン 大者 9@群馬県高崎市 | トップページ | らーめん 旭@新潟県五泉市 »

2012年6月 9日 (土)

喜一@福島県喜多方市

週末は新潟釣行と思ったが生憎の雨。喜多方朝ラーとしゃれ込んだ。

Dsc08452
普通ならあんな店こんな店だろうが・・・こちらも朝7時から営業。
7時20分頃到着。すでに10台近くの車が停まっていた。

Dsc08455
うおっ、カウンターいっぱい・・・と言うことはシャッター待ちと言う事であろう。
若い方から年配者まで・・・喜多方の人はホントラーメンがお好きな様である。
退席者と入れ替わる形で着席した。

Dsc08458_4
メニュー。
喜多方では珍しいニューウェーブのお店。デフォのラーメンが500円は安いと思う。
外の看板に大書きされた「熟成しょうゆラーメン」がお勧めのようだが・・・
以前頂いておいしかった「SIOラーメン」をお願いした。

Dsc08461_3
スタッフはメニューに載っている髭の店主。喜多方美人が二人の三人体制。
奥に、一心不乱にラーメン作りをする店主が見える。7分ほどで着丼であった。

Dsc08462
SIOラーメン 500円

喜多方で塩ラーメンは珍しい存在だ。

Dsc08465
もうもうと湯気が昇る。澄んだスープの表面に小粒の油が輝く。

Dsc08466
熱めのスープ。
研ぎ澄まされたような冴えたダシ感は、動物性を香味野菜の甘みがわずかに上回る感じ。
ちょっとフレンチ風。ほのかに魚介の甘い風味も感じられる。
塩が一本筋を通す。しかし尖らない。こだわりの塩であろうか?
和食や中華ではない味わい。店主は洋食出身と聞いた事がある。

Dsc08471
麺は幅広平打ち。佐野青竹手打ち麺の様。
味も食感もまさしくそれであった。お勘定の時に聞いたら手打ちとの事。
モチモチピロピロサバサバ。軽めのスープを引っ掛けて軽快に口の中に吸い込まれる。
細麺にも変更できるとの事だが・・・佐野ラーメン好きの自分にはこれがいい。
小麦の香りと風味で、思わず口の中がパラダイス。

Dsc08475_4
小ぶりのバラ肉が4枚。これは喜多方ラーメンの姿を踏襲。
ほんのりカエシの風味が漂う。熱いスープで脂が溶け、ほろりと崩れる。

Dsc08473
カリカリ歯応えのいいメンマ。
浅めな感じの味わいはスープによって味を付けられるチューニングである。

Dsc08476
隣の客はじっくりじっくり食べていた。喜多方の人はずいぶん悠長だなと思った。
しかしいざ自分が頂いてみると、一口一口味わいたい気持ちがわかった。
二郎では適当に掻っ込んで、麺を噛み噛み店を出る自分だが、最後まで堪能する。
食べ終えて、しばしの間余韻にふける・・・

多めに入る刻みネギは寝覚めの頭をすっきりさせる。朝ラーには持って来いであろう。
喜一の朝イチSIOラーメン。大いにお勧めである。

Dsc08477_4
火曜日の塩ラーメンは塩が違うらしい。頂けないのが残念である。

Dsc08478
次回はこちらを・・・と思う。

Dsc08453
喜一

福島県喜多方市大谷地田3923(地図)

TEL 0241-24-2480

営業時間 7:00~スープ切れまで(13:00頃)

定休日 金曜日

席数 カウンター13席 小上がり3卓

喫煙 不可

駐車場 あり(25台)

交通アクセス 国道121号を会津若松から米沢方面へ走行。旧道とバイパスが分かれる信号から二つ目、県道337号と交差する信号を左折。約300m先右手。

« 自家製ラーメン 大者 9@群馬県高崎市 | トップページ | らーめん 旭@新潟県五泉市 »

福島のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

おはようございます!

喜多方のこたなりんです!
昨日『喜一』で朝ラーされたのですね。
時間的に、ニアミスかな?
私も『喜一』でした。
Sio最高だったでしょ!

>>こたなりんさん

どうもすれ違った模様ですね(店外の方は見覚えありました)
ニューウェーブの喜多方ラーメンとして、東京で「Kitakata Noodles」なんてやっても通用しそうです(^^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/54921517

この記事へのトラックバック一覧です: 喜一@福島県喜多方市:

« 自家製ラーメン 大者 9@群馬県高崎市 | トップページ | らーめん 旭@新潟県五泉市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ