« やっちゃん@群馬県富岡市 | トップページ | おいしんぼ えつ@群馬県安中市 »

2012年7月 8日 (日)

ふじ久@群馬県富岡市

前記事で上州美人に教わった店がこちらである。富岡製糸工場近くに佇む。

Dsc09711
11時40分頃到着。
うおっ、いい雰囲気。教えてくれた上州美人、なかなか渋い趣味である。
先客なし。元気なおばちゃんに「いらっしゃい」と迎えられた。

Dsc09714
入ってすぐ右手、小上がり近くにあるメニュー。
ラーメン450円。しかも餃子はなんと200円!ば・か・や・す・い。
そちらをセットでお願いした。

Dsc09716
昔ながらの簡素なカウンター。それがいい。セルフのお冷を汲んで着席。

Dsc09715
てきぱきした動きのおばちゃん。一人で切り盛りしているという。
まさに「細腕繁盛記」といった感じ。
お歳を聞けば70を超えていると・・・しかし若い。お元気そうである。
6分ほどで、まずラーメンが着丼した。

Dsc09719
ラーメン 450円

まったくケレン味のない、昔ながらの中華そばである。

Dsc09720
琥珀色のスープはわずかに、ほんのわずかに濁る・・・
その、ほんのわずかな野暮ったさがいい。

Dsc09721
スープを一すすり・・・。
ガラと野菜のバランスの取れた優しい融合。しかしダシは主張控えめ。
カエシは醤油尖らず、しかしほんのり甘めの主張あり。カエシに工夫だろうか?

Dsc09723
主張強めなスープをしっかり受け止める中太麺。
普通年配者のラーメン屋は柔目なのだが・・・もっちりシコシコ固め。
おばちゃんの元気さがわかる。

Dsc09726
チャーシューは昔ながらの技法。ダシを取った赤身のダシガラ。
歴史を噛み締める。

Dsc09725
サヤインゲンは、ほうれん草と並んでラーメンに青みを添えて飾る存在。
自分の祖母はラーメン屋だったが、普通のラーメンにはほうれん草。
五目ラーメンにはサヤインゲンだった。サヤインゲンは一格上等?

Dsc09728
特筆すべきメンマ。

おばちゃんに「節が着いてるメンマって初めて見ました」と言うと・・・
「常連さんに竹の子貰ったのよ。甘さ控えめで茹でて見てって・・・」

メンマの奥深い味わいはないものの、シャックリした食感と軽快な甘みがいい。

もっともこれは偶然。普段は既製品だという。

Dsc09731
優しい味わいは計算されているもの。
あれこれのパーツをしっかり堪能するうち、丼は空になる・・・

そして・・・ラーメンを半分食べた頃届く。

Dsc09729_2
餃子 200円

小ぶりな一口サイズ。サイドメニューや酒のおつまみに最適。

Dsc09730
刻んだ野菜を、皮を二つ折りにして焼いただけ。シンプル。
こちらもシンプルに酢だけで頂いた。ウマー

創業は昭和60年。30年以上一人でやってきたと言う。
常連さんは近所の人。この手のお店の常である。地域に愛されるお店。

「最近、写真撮ってネットに載せる人がいるから・・・」
忙しくて大変とこぼすおばちゃん。

自分の記事を見た方。どうかおばちゃんを想いやって頂きたい。

Dsc09712
剥落した店名・・・歴史の重みを感じる。

Dsc09732
ふじ久

群馬県富岡市七日市985(地図)

TEL 0274-62-0177

営業時間 未確認(昼は11:30~)

定休日 未確認

席数 カウンター10席 小上がり1卓

喫煙 可

駐車場 あり(店前5台位)

交通アクセス 国道254号を吉井から富岡方面へ走行。「七日市」の次の信号左折、一つ目の信号を右折。一つ目の信号を過ぎて約200m先右手。

« やっちゃん@群馬県富岡市 | トップページ | おいしんぼ えつ@群馬県安中市 »

群馬のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/55149786

この記事へのトラックバック一覧です: ふじ久@群馬県富岡市:

« やっちゃん@群馬県富岡市 | トップページ | おいしんぼ えつ@群馬県安中市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ