« ラーメン つり吉@新潟県長岡市 | トップページ | 古久清食堂@長野県小諸市 »

2012年7月17日 (火)

太陽軒@群馬県太田市

県道2号線から少し入った、住宅街の狭い道沿いに佇む。

Dsc09904
本当は違う店に向かっていたが・・・道を間違えた。あわてて迂回・・・
うおっ・・・「ラーメン」の赤いノボリが視界をかすめた。車をすべり込ませる・・・

Dsc09886
「いらっしゃい」と迎えられた。お店の方はご夫婦であろう温厚な男女。
店内はカウンター&小上がりのシンプルさ。カウンターに着席した。

Dsc09883
Dsc09885
メニュー
ラーメン、ご飯物、定食、ランチもある典型的な食堂。出前もやってるとの事。
デフォのラーメンをお願い。しかしそれに+150円のチャーシューメンがお得に見えた。
チャーシューメンにオーダーし直した。

Dsc09884
年季を感じさせる厨房。聞けば30年以上の歴史を持つという。
しかし、しっかり手入れされている。好感。手際よいオペ。7分程で着丼であった。
写真撮影の許可を頂くと快諾された。

Dsc09891
チャーシューメン 660円

Dsc09892
なかなかやさしげな色合いではないか?

Dsc09894
ほんのりガラ感。そして煮干の甘みが前面に出るスープ。やさしいながらも主張あり。
思わず心の中で「これいい」と唸ってしまった。油は控えめ。

Dsc09897
麺は幅広の平打ち。不揃いの縮れ麺。麦の風味と甘み一杯。
一見佐野や東毛(群馬県東部)によくある手打ち麺か?と思った。
しかし確認すると「手打ち風の麺を買っています」と・・・
こちら、出前が主なので佐野風手打ち麺では柔らかくて伸びてしまうからというのが理由とか?
確かに佐野のうどんライク腰なし麺より、固めのシコシコ感があった。

Dsc09899
チャーシューはモモや肩の、うまみが出る赤身多い部分。
厚めに切られ、結構食い応えがある。
ダシにうまみを取られたダシガラ。昭和のチャーシューである。
運動する部位ゆえミシッと硬め。しかし噛み締めるとうまみが染み出す。これが5枚入る。

Dsc09901
プリッとした艶かしい食感&従来の竹の甘みを大事にしたメンマ。
カウンター上にはボウルに入った戻し途中のメンマも見られた。
手間がうまさを呼ぶ・・・

Dsc09902
見た目を彩る青みはワカメ。
ヨードやミネラルいっぱい。不健康な食べ物と言われるラーメンの栄養バランスを考える。

Dsc09903
正直、当日は某ラーメン屋に幻滅し、某ラーメン屋には振られ・・・
しかも夏祭りとかで近くの市街地は進入禁止や迂回の連続。思わず「厄日かよっ」と火病った。
しかし・・・こちらで頂き、厄が落ちたのか?肩の力が抜け、ほっとした・・・
お腹どころか心も癒すラーメン。大いにお勧めである。

Dsc09879
看板は街灯下のみ。
「宣伝もしてないですが・・・おかげさまで口コミでご愛顧頂いてます」
そう語るママさん。ちょっとだけ誇らしげであった。

Dsc09880
太陽軒

群馬県太田市新田村田町451-1(地図)

TEL 0276-57-2192

営業時間 11:00~19:30

定休日 月曜日 第4日曜日

席数 カウンター6席 小上がり2卓

喫煙 未確認

駐車場 あり(5台位)

交通アクセス 県道2号線「前橋古河線」を前橋から太田方面へ走行。「新田村田町」信号左折。50mほど先の一つ目の路地を左折。一時停止のある交差点角左手。

« ラーメン つり吉@新潟県長岡市 | トップページ | 古久清食堂@長野県小諸市 »

群馬のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

こんばんは初めまして
色々なお店の紹介、いつも興味深く拝見させてもらってます
ラーメン屋ではないのですけど、前橋に焼きそばしろがねという
お店があるのはご存知でしょうか
今時の焼きそばでなく、昔ながらのおやつ感覚の焼きそばです
タカサキさんのお口にあうかは保障できませんけど(笑)、
地元に愛されている味を一回試してみる価値はあると思います

 

貴重な情報ありがとうございます。
早速調べました。昔ながらのいい感じのお店ですね。
そして・・・その近くにも「三日月」というお店を発見。連食と思っております(^^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/55218089

この記事へのトラックバック一覧です: 太陽軒@群馬県太田市:

« ラーメン つり吉@新潟県長岡市 | トップページ | 古久清食堂@長野県小諸市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ