« そばよし@新潟県柏崎市 | トップページ | やっちゃん@群馬県富岡市 »

2012年7月 2日 (月)

豊年屋@新潟県柏崎市

国道252号沿い。JAみどりの風が吹く、明るい農村に佇む。

Dsc09649
本当は違うお店が目的であったが・・・
あまりに雰囲気がよかったので、一旦通り過ぎるも引き返した。

Dsc09653
午後二時頃入店。
カウンター、テーブル、小上がり席の、小ざっぱりした典型的な街道沿いの食堂。
越後美人のおばちゃんに「いらしゃい」と迎えられた。

Dsc09651
Dsc09652
メニュー。
ラーメンの他、一品物、ご飯物、丼物、定食も豊富。オールマイティな構成。
そんな中、「カツ中華」なるものが見えた。食堂ならではのメニューであろう。お願いした。

Dsc09662
食材を愛しむような手つきでオペレーション。
おかもちがある。出前もやっているのであろうか?
カツを揚げる香ばしい匂いと、軽快な音が聞こえてくる。8分後、着丼であった。

Dsc09663
カツ中華 780円

こんがりキツネ色のトンカツが寝そべっている。

Dsc09666
黄金に近い琥珀色のスープ。油の玉が輝く。

Dsc09668
ガラ感控えめ、醤油味控えめのやさしいスープ。ほんのり煮干風味。
前食同様のほっとする味。柏崎ラーメンの特徴か?

Dsc09670
中細角断面の麺は軽くウェーブ。かん水少ない感じでシコシコ感少なく素朴なうどん風。
柔らかめ。少し不揃いな感があった。確認すると「うちで作ってます」との答えであった。

Dsc09671
いい具合に火の通ったトンカツ。衣がカリッと香ばしい揚がり具合。
フライパンで揚げたかと察する。衣にスープが染み込む・・・

Dsc09672
チャーシューは煮豚。ちょっと脂が多いが、これもバラつきがあるだろう。
適度にダシを取られた物だがパサではなく弾力あり。噛み締めると豚のうまみと脂のうまみが滲み出す。

Dsc09673
ほんのり塩気のメンマ。ちょっとだけアクセント。

Dsc09674
「中華そばのベンツマーク」なると。最後の口直しに頂いた。

Dsc09675
最近流行のラーメンとは違い、一口目はインパクト弱し。しかし・・・
味を求めて無性に掻っ込む。知らず知らずのうちに丼は空となる。
食べ終わったところでちょうどよくなる味具合。さすがのチューニングである。

Dsc09659
こんなものが飾ってあった。テレビに出たらしい。
もう一人の、妙齢の越後美人に「新潟はラーメンブームみたいですね」と聞くと・・・
「いやぁ、それは街中の方だけですよ」と謙遜されたが、評判ではない店がテレビに出る筈がない。

当時の番組の様子。

こちら実は知る人ぞ知る「隠れ名店」であろう。大いにお勧めする。

Dsc09650
Dsc09676
豊年屋

新潟県柏崎市加納2727-2(地図)

TEL 0257-27-2133

営業時間 11:00~19:30

定休日 日曜日

席数 カウンター4席 テーブル2卓 小上がり2卓

喫煙 可 

駐車場 あり

交通アクセス 国道252号を十日町から柏崎方面へ走行。「与板」信号先約300m左手。
中鯖石郵便局向かい。

« そばよし@新潟県柏崎市 | トップページ | やっちゃん@群馬県富岡市 »

新潟のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

“カツ中華”。何とも心惹かれるネーミング。
シンプルさに、歴史と自信を感じられます。
しかも、自家製麺とは…。
私も食堂巡りに力を入れなければ^^;

>>ランディさん

いや、それよりも、新潟のメディアのラーメンの取り上げ方がすごいです。
しかも穴場みたいなお店ばかり・・・
参考にしたいと思います(^^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/55105550

この記事へのトラックバック一覧です: 豊年屋@新潟県柏崎市:

« そばよし@新潟県柏崎市 | トップページ | やっちゃん@群馬県富岡市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ