« アスナロ@長野県木曽町 | トップページ | 長崎ちゃんぽん 松風@群馬県安中市 »

2012年8月20日 (月)

支那そば 太郎@長野県松本市

松本市街から、安曇野へ向かう道沿いに佇む。

Dsc00672
間口一間の小さな店。しかし人気行列店であるという。
中途半端な午後4時頃。さすがに行列はないが、先客さん1名いらっしゃった。

Dsc00674
「いらっしゃい」
店主と思われる中年の男性に迎えられた。厨房を囲むような10席のカウンターに腰掛ける。
シンプルな店内はピカピカに磨かれている。

Dsc00673
メニュー
醤油と味噌の二本立てとシンプル。盛りやチャーシューでバリェーションを増やす。
デフォであろう支那そばをお願いした。

オペレーションは基本どおり。ただ麺の茹で加減はいちいち丁寧に確認していた。
頃合を見計らって麺を丼に投入。トッピング・・・7分ほどで着丼であった。

Dsc00677
支那そば 600円

オーソドックスの一言。まさに「支那そば」でろう。

Dsc00680
浅めの醤油色。けっこうラードが浮く。

Dsc00681
まず一啜り・・・うおっ、立ち昇る豚ガラ感がうれしい。
最近は煮干がブームと言うけれど、自分はガラ感一杯のラーメンが好き。
昔のラーメン屋は、みんなガラの香りが漂っていた。
寒い地方のラーメン。温度は高め。

Dsc00684
縮れ入る中細の中華麺は、色からわかるように加水は低め。
ぎゅっと詰まった小麦の甘みと風味がいっぱい。
しっかりシコシコかんあり。かん水の香りが鼻腔に広がる。
Dsc00686
表面積は二郎にも負けないチャーシュー。
出がらしではなく肉感いっぱい。弾力あり食わせるチャーシューである。
ほんのりカエシをまとったロースの赤身部分には豚のうまみがいっぱい。
デフォで1枚。チャーシューメンには4枚載る模様。

Dsc00685
柔らかめな戻し具合のメンマ。ほんのり甘い味付は、竹の甘みを引き立てる。

Dsc00676
こちらの名物、サービスサラダ。
何の変哲もないキャベツのドレッシング和えだが、薬味同様口直しにいい。
ドレッシングは自家製。油が少なめでさっぱり。かつお風味は気のせいか?

Dsc00687
自分はこういうラーメンに当たるとうれしい。むさぼり掻っ込む。たちまち丼は空になる。

最近のラーメン屋からは消えたガラ感、かん水臭がいっぱい。
自分はそれこそラーメンの香りではないかと思う。
松本界隈はニューウェーブのオンパレード。しかし、こちらが行列店であるということは、客がラーメンに何を求めるか?が、はっきりしているではないか。

「最近のラーメンはラーメンではない」と嘆くアナタ。大いにお勧めである。

Dsc00670
Dsc00688
Dsc00689
支那そば 太郎

長野県松本市梓川倭555-1(地図)

TEL 0263-78-4901

営業時間 11:30~20:00

定休日 月曜日(祝日の場合は翌日)

席数 カウンター10席

喫煙 不可

駐車場 あり

交通アクセス 国道19号「渚一丁目」信号を国道158号線「松本I・C」方面へ、「新村」信号を右折、約2100m左手。

« アスナロ@長野県木曽町 | トップページ | 長崎ちゃんぽん 松風@群馬県安中市 »

長野のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/55461461

この記事へのトラックバック一覧です: 支那そば 太郎@長野県松本市:

« アスナロ@長野県木曽町 | トップページ | 長崎ちゃんぽん 松風@群馬県安中市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ