« 気むずかし屋 3@長野県長野市 | トップページ | オーモリ 新井店@新潟県妙高市 »

2012年8月13日 (月)

たちばな@新潟県妙高市

雪国・上越は「とん汁」が名物らしい。とん汁専門店。
それを使ったラーメンもあるという。国道292号沿いに佇む・・・

Dsc00391
丁度12時頃到着。お客の出入りが激しい。9割ほど埋まった駐車場に車をすべり込ます。
ドアをあけると「いらっしゃいませ」の合唱に迎えられた。
一人である事を告げると、カウンターに通された。

Dsc00400
にぎわう店内。老若男女とお客さまざま・・・

Dsc00397

Dsc00401

メニュー
間違えてはいけない。こちらラーメン屋ではなく「とん汁」が売りのお店。
決してラーメン屋ではない・・・しかし、「おすすめ」の、とん汁ラーメンをお願いした。

Dsc00405
厨房は年配の男性と若い男性二人で回す。配膳&アシストは三人の越後美人。
見た目以上に広い店内に威勢のいい声が響く。新潟のラーメン屋によく見られる風景。
白衣の方が二代目店主・森 喜久雄氏。店内全体に厳しく目を配る。
ラーメンは、まず少な目のカエシとダシを丼に投入。その後麺を入れ、そしてとん汁を掛ける。
10分後、ご対麺であった。

Dsc00406
とん汁ラーメン 750円

ベースは味噌であろう。

Dsc00409
隣の方はとん汁定食。そのとん汁とは明らかに色が違う。
それほど油は目立たない。

Dsc00411
舌を迎えてくれるスープは甘め。とん汁のやさしい味わい・・・
甘みはタマネギ当たりと推測。生姜やニンニクの風味香る豊かな味。
しっかりした豚感がいい。

Dsc00412
わずかにウェーブした細めの中華麺。
万人に愛されるシコシコな食感。ほんのりかん水臭。ちょっとだけ主張あるスープとうまくマッチ。

Dsc00414
とん汁ラーメンである事をアピールする玉ねぎ。しゃっくり甘い。

Dsc00417
コマ切れの豚肉。ダシを取られてパサ。しかし逆に、汁の豊かなうまみを吸収。味わい深い。

Dsc00416
さらに・・・とん汁であることを主張する豆腐。

Dsc00418
そこそこに味付られたメンマ。少しだけアクセントな味。

Dsc00419
素朴感一杯な味わい。じっくり、じっくりと頂いた。
徹夜で下道を5時間かけての新潟釣行。車中で仮眠と、安らぐ暇は少ない。
そんな自分にとって「ラーメンブレークは」安らぎの時間なのだ。

癒される「とん汁ラーメン」。大いにお勧めである。

Dsc00403_2
お持ち帰り、全国発送可能なパック詰めも用意。おみやげにいかが?

Dsc00396
通し営業。そして、若干早めの開店がうれしい。

Dsc00394_2
Dsc00395
たちばな

新潟県妙高市栗原2-3-10(地図)

TEL 0255-72-2450

営業時間 10:00~20:00

定休日 月曜日(祝日の場合は営業)

席数 カウンター7席 テーブル7卓

喫煙 不可

駐車場 あり(20台)

ホームページ http://tontachi.com/index.php

交通アクセス 国道18号「寺町」信号(立体交差)を南下、国道292号を妙高市街方面へ走行。約2km先右手。

« 気むずかし屋 3@長野県長野市 | トップページ | オーモリ 新井店@新潟県妙高市 »

新潟のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

これが上越名物“とん汁ラーメン”ですか。
想像していたものよりも、かなりさっぱり系のようですね。

今年の夏、日立の川原子で“とん汁ラーメン”を狙ったのですが、宿の都合で訪問出来ませんでした。
機会を見つけて、ゆっくりと再訪したいと思います。

>>ランディさん
雪国ゆえに汁物は名物。
そこに麺を入れると言う単純明快さがいいです。
新潟県加茂では「鴨汁」が名物だそうですが「鴨汁ラーメン」もありそうです(^^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/55415805

この記事へのトラックバック一覧です: たちばな@新潟県妙高市:

« 気むずかし屋 3@長野県長野市 | トップページ | オーモリ 新井店@新潟県妙高市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ