« 御食事処 末廣@新潟県三条市 | トップページ | 豚五里羅Ⅱ@群馬県高崎市 »

2012年9月17日 (月)

手打ちらーめん 勝龍@新潟県小千谷市

国道17号から、小千谷市街に向かう国道117号近くに佇む人気店である。

P1010849
新潟釣行の帰り道。うれしい通し営業は頼りになる。
5時ちょっと前に到着。数台の車が止まっていた。

P1010850
食券制。
いろいろヴァリェーションあり。どれも評判がいいようだ。基本のラーメンをチョイスした。
男性店員に手渡すと「大盛りにもできますが如何ですか?」と問われた。大盛りサービスらしい。
とりあえずデフォでお願いした。すでにカウンターにはお冷が置かれ、そちらに通される。

P1010852
スタッフは若い男性三人、女性一人の体制。
「ラッシャイマセ」「アリガトウゴザイマシタ」の元気な声が響く。先客はこの時間で15人程は立派。

P1010851
活気ある厨房は見ていて気分がいい。
リズミカルで手際いいラーメン作り。しかし決していい加減さは見えない。

P1010855
麺は手打ちだが、ネギを刻むのは機械なわけだが(木亥火暴)
ネギ刻み機という物は初めて見た。ネギの大量消費が伺える。

P1010856
P1010869
壁にはラーメン王・石神秀幸氏をはじめ、県内外の人気行列店店主の色紙も貼られる。
この時間でも客が多くて忙しくちょっと時間が掛かる。12分後に着丼であった。

P1010857
ラーメン 680円

P1010859
うまみが溶け込み、そこそこ濁ったスープに期待が膨らむ。

P1010862
まずはじっくりした動物感。魚介の甘み。ついで深みあるカエシの醤油のうまみが感じられる。
そこそこ甘辛めでちょっとクセになる感じ。あとを引く味わい。温度は雪国ゆえ熱め。
実にしっかりしたスープは無化調なのが信じられないほどうまみが濃い。
もちろんいろいろな素材や技法が組み合わされているであろう。豊潤な味わい。

P1010864
もちろんこのスープを受け止めるには、半端な麺では太刀打ちできない。
加水率50%!の超多加水麺。しっかりした太麺はわずかにウェーブが入り「家系」の麺のようだ。
箸で持ち上げただけでしっかり感が伝わる。力強いスープを受け止め、小麦のうまみが融合する。

P1010865
チャーシューは筋張った、モモあたりと推測する部位。じっくり煮込むとしっかりしたダシが出る部分。
噛み締めると残ったうまみが染み出しスープと融合、味わい深い。

P1010866
単なる添え物ではない、丁寧な仕事をされたメンマ。
ともすれば力強いスープと麺に支配されがちなこのラーメン。その組み立てに於いてオアシス的な存在。
竹の自然な甘さと風味を感じた。それは残暑に吹いた秋風のよう・・・

P1010867
同じような役割で水菜。そして刻みネギがバランスを保つ。

すべてに於いて隙のない、完成度高いラーメンであった。
普通、これだけ力の入ったラーメンでは、どこかに破綻が出るものだが・・・
しっかりバランスしているのには驚き。

もちろん店全体にも気配りは及ぶ。接客に関してもしかり。
「心・技・体」揃ったこちらが人気にならないはずはない。

実は小千谷はラーメン王国・新潟でも「知る人ぞ知る」レベルの高い地域である。
その小千谷でトップクラスの人気を誇る店。大いにお勧めである。

Dsc00123
こちらを弟に任せ、2008年に初代店主が開店 した、文字通り「兄弟店」の暁天も人気店。

P1010871
P1010848
手打ちらーめん 勝龍

新潟県小千谷市千谷川2-8-8(地図)

TEL 0258-83-3770

営業時間 10:00~22:00

定休日 火曜日

席数 カウンター24席 テーブル6卓

喫煙 不可

駐車場 あり

交通アクセス 国道17号を群馬から新潟方面走行」。「三仏生」信号を左折、一つ目の信号を右折、国道117号へ。約3Km先の「千谷川」信号右折、約50m先右手。

« 御食事処 末廣@新潟県三条市 | トップページ | 豚五里羅Ⅱ@群馬県高崎市 »

新潟のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/55681262

この記事へのトラックバック一覧です: 手打ちらーめん 勝龍@新潟県小千谷市:

« 御食事処 末廣@新潟県三条市 | トップページ | 豚五里羅Ⅱ@群馬県高崎市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ