« 麺の家 渚@新潟県柏崎市 | トップページ | あべ食堂@福島県喜多方市 »

2012年10月 4日 (木)

なぶら@東京都八王子市

圏央道「あきる野IC」から、八王子市街へ向かう道沿いに佇む。

Dsc00294
開店からちょっと過ぎた時間に到着。
日曜日。そぼ降る雨の中、先客は3組6人ほどであった。
Dsc00298
Dsc00297_2
「いらっしゃい」と迎えてくれたのは、イケメンの若い男性2人。食券購入を促された。
メニューの上に書かれた番号を押すタイプ。ちょっと慣れが必要。

以前頂いておいしかった、黒醤油豚骨の「11」の番号を押し、店員に食券を手渡す。

Dsc00303
カウンターにはこんな物も貼られる。向こうにはルアーがぶら下がっていた。
店員はアングラー(釣り好き)なのであろう。

店名「なぶら」は、海上の鳥の群れを指す漁師の言葉である。
鳥の群れの下にはエサとなる小魚の群れがあり、当然それを狙う大型魚もいると言う証である。
漁師はなぶらを目指して船を走らせるという。

結構いろいろな食材が入るようで手数が掛かる。そして・・・
金網の上にチャーシューを載せて、ガストーチで炙る・・・香ばしい匂いが店内に漂う。
10分後、着丼であった。

Dsc00306
黒醤油豚骨 700円

Dsc00307
白い丼に真っ黒いスープ。白いモヤシ、緑の水菜・・・配色はなかなかいい。

Dsc00309
粘度あるクリーミーな舌触り。黒いのはマー油(焦がしニンニク油)であろうが・・・
金臭い味がしがちなマー油を、好き嫌いない程度に留めているのは見事。
香ばしさのみを伝える。魚介節(あるいはホンダシ?)の甘みが前面に出る。

しかしながら、尚も飲み進むとしっかりした酸っぱい豚臭が鼻を突く。僅かに豚が勝つ。
じっくり取られたスープであることに気づく。

Dsc00312
麺もスープに負けない物をセレクト。
中細なれど、小麦の味と風味がぎゅっと詰まった麺。シッカリしたスープを絡めて噛み締める。
口の中で見事に混ざって融合する。ウマー

Dsc00310
チャーシューは肉厚あるバラ。赤身と脂のバランスがいい。
濃厚なタレがしみ込み、それが炙られてうまみと香りを放つ。脂が融解してうまみが増す。

Dsc00313
とぐろを巻く穂先メンマ。さっくり柔らかなやさしい食べ応え。
ともすれば主張あり勝ちのこのラーメンに、安らぎを与えてくれた。
それはモヤシや水菜のトッピングも同様であった。

Dsc00314
押し引きのバランスのいいラーメン。一心不乱に食べつくし飲みつくした。

なんとなく神奈川の人気店なんつッ亭のラーメンに構成が似ていた。
しかし・・・それをいっそう進化、味をふくらませた風であった。

八王子の「なぶら」はラヲタをおびき寄せる。大いにお勧めである。

Dsc00300
こだわりの国産小麦の麺。

Dsc00302_2
Dsc00315
なぶら

東京都八王子市左入町406-3(地図)

TEL 042-692-3854

営業時間 月~金11:30~15:00 17:00~23:00 土曜11:30~22:00 日祝11:30~20:30

定休日 年中無休

席数 カウンター10席 テーブル1卓

喫煙 不可

駐車場 あり(6台位)

交通アクセス 国道16号を川越から八王子方面へ。「左入町」交差点を右折、約400m走行。一つ目の信号を越えて約10m左手。旧滝山街道沿い。

« 麺の家 渚@新潟県柏崎市 | トップページ | あべ食堂@福島県喜多方市 »

東京のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/55813255

この記事へのトラックバック一覧です: なぶら@東京都八王子市:

« 麺の家 渚@新潟県柏崎市 | トップページ | あべ食堂@福島県喜多方市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ