« 中華 久華@群馬県高崎市 | トップページ | 信州ラーメン合戦 諏訪・匠の陣@長野県諏訪市 »

2012年10月28日 (日)

ラーメンショップ 羽生インター店@埼玉県加須市

国道122号から、東北自動車道・羽生ICに向かう道沿いに佇む。

Dsc00724
12時20分頃、掻き入れ時に到着。退店する作業服姿の先客と入れ替わるように入店した。

Dsc00726
当然ながら店内満席。老若男女、幅広い客層である。

Dsc00727
食券制。
デフォの「ラーメン」のボタンを押した。
トッピング100円とある。その種類は下記の通り。食券提示時に申告であろう。

Dsc00746
カウンターに着席。食券を渡しがてら「脂多め」を付け加える。

Dsc00731
スタッフは女性のみの3人体制。
黒シャツの女性がベース(麺・スープ投)を担当。他の方がトッピングや配膳を担当する。
おおよそ6杯1ロット。湯切りが丁寧。まず丼にカエシ、ネギ投入。その後背脂投入・・・
他の丼は自由落下だったが、一つだけ鍋でゴリゴリゴリ。おそらく自分のであろう。
白濁したスープを注ぎ、麺を投入、よく均して・・・トッピングを程されて10分後、着丼であった。

Dsc00734
ラーメン(脂多め) 590円

Dsc00736
なかなか均一な、柔らかそうな脂である。適度に浮くネギとのコントラストもいい。

Dsc00739
背脂、液体油の細かい粒の向こうには琥珀色のスープが見える。
結構澄んだスープは輪郭のはっきりした甘辛。甘みは「ほんだし」もあるだろうか?
しかしクドくはなくマイルド。豚臭さ控えめ。温度はそこそこ熱め。

Dsc00740
管轄の、北関東本部のミツワフードセンターの通称「生きている麺」。
モチボソ。自分には適度に硬めで粉っぽい甘みいっぱい。若干しょっぱめなスープとマッチ。

Dsc00741
チャーシューは直径6cmほどの薄めの巻きバラ。
常温では脂が固まっているが、ラーメンに載せられると熱で溶けてバラバラ。よく混ざる。

Dsc00742
メンマは柔らかめの穂先メンマがひと塊載る。ほんのり梅の香り。隠し味か?

Dsc00743
キヌサヤもそこそこ載る。決して彩りだけの存在ではない。
外食では不足しがちな野菜を提供するのもラーショの役目であろう。

Dsc00745
大きな海苔が2枚。最後の方で、仕上げに麺を巻いて食べる。至福・・・

最後の方では高い塩分を感じた。やはり「労働者」の味付けだろうか?少し残す。
入れ替わり立ち替り客が来店。券売機の横にあるイスで待つ人もいる。人気店のようだ。

端々に女性ならではの細かい気配りが見えた。大いにお勧めである。

Dsc00730
ラーショ定番のアイテムが並ぶ。しかし使う必要がないほど完成度は高い。

Dsc00725
プチ朝ラーOK。終いは早いのでご注意。

Dsc00750
インター近くのラーショ。もちろん大型は重要得意先。入店可。

Dsc00722
店名は「羽生インター店」だが、所在地は加須市。検索時はお間違いなき様。
Dsc00747
ラーメンショップ 羽生インター店

埼玉県加須市戸川1534(地図)

TEL 0280-68-3303

営業時間 9:30~16:00

定休日 日曜日 祝日

席数 カウンター12席 小上がり2卓

喫煙 カウンター不可 小上がりは可の模様(要確認)

駐車場 あり(大型大歓迎)

交通アクセス 国道122号を館林から春日部方面へ走行。「小松台」信号を左折。「羽生インター入口」信号超えて約1,000m先右手。

« 中華 久華@群馬県高崎市 | トップページ | 信州ラーメン合戦 諏訪・匠の陣@長野県諏訪市 »

ラーメンショップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/55992383

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメンショップ 羽生インター店@埼玉県加須市:

« 中華 久華@群馬県高崎市 | トップページ | 信州ラーメン合戦 諏訪・匠の陣@長野県諏訪市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ