« 割烹わたせ@新潟県糸魚川市 | トップページ | やりくり食堂@新潟県上越市 »

2012年10月23日 (火)

麺爆怒門@新潟県上越市

国道8号「石橋」信号に、こんな看板を見つけた。

Dsc00464
うおっ、二郎系の文字が・・・上越も二郎ウィルス汚染か?
午後2時近く。昼に一杯頂いて心配だったが・・・

Dsc00436
2012年10月6日オープン。JR直江津駅近くに佇む。

Dsc00439
「いらっしゃい」と言う声に迎えられた。店員はご夫婦?と思われる男女。
そしてかわいい女性店員は娘さん?さらにかわいい(小学生?)男性店員?も・・・
家族営業であろうか?アットホームな雰囲気。カウンターに着席。

Dsc00448
Dsc00449
目の前にドカンと貼られたメニュー。
片方は二郎インスパ「爆ラーメン」。そして7種類!のチャーシューが楽しめる「極チャーシューメン」。
もちろんジロリアンの自分は爆ラーメンをお願いした。しかし・・・
こちらは「ニンニク入れますか?」のコールはない。慌てて自主申告。

Dsc00443 
無料トッピングはこの通り。しかし反射的にいつもの「ニンニクアブラ」と言ってしまったが・・・
ニンニクの表記はなし。ママさんに「ニンニクトッピングは出来ないの?」と聞くと・・・
ママさん、厨房へコール。厨房から「出来ますよ」と・・
さらに「ニンニクは有料?」と聞くと「サービスです」と答えられた。7分ほどで着丼であった。

Dsc00450
爆ラーメン(ニンニクアブラ) 700円

淡い感じの二郎である。

Dsc00452
ラウンドした丼。ボリュームはAカップ。

Dsc00453
それほど醤油色は濃くない控え目なスープ。わずかに背脂が漂う。

Dsc00455
色通り浅目の味わい。豚感ほんのり、カエシ控え目のあっさりタイプ。
結構化調依存か?二郎の押し付けがましいクセはない。

Dsc00457_2
麺は二郎としては細め。一般的な中太麺。加水率高めでモチモチプルプル元気。
二郎視点から言えば個性控えめだが、浅目のスープとの相性は悪くない。

Dsc00456   
ヤサイのモヤシ/キャベツ比は9.5:0.5。
柔らかすぎず硬すぎず・・・頂上には粗刻みの二郎ニンニクとアブラが載る。

Dsc00459
チャーシューはダシに使われた物と推測。直径5cm位の一般的な二郎の大きさ。
赤身多い部分はしょっぱくなく、滲み出る豚のうまみを楽しめた。

おおよそ麺量は200gくらいであろうか?麺よりもヤサイのボリュームが印象的。
こちらは長野県飯山麺屋 義次がルーツ。優しい味の信州ラーメンの心が見えた。
自分も一度頂いたが・・・

Nec_1344_2
2009年5月。ラーメン(アブラ多め、野菜多め)700円

正直、二郎の「暴力的な主張」はない。雰囲気、味わい共に「二郎テイスト」なラーメンである。
しかしそれは悪い事ではないと思う。全国的にレベルの高い「ラーメン王国」新潟・・・
舌の肥えた人々に二郎は受け入れられるのか?答えはNOであろう。

まだまだ発展途上であると思うが・・・上越の二郎インスパイア。大いにお勧めである。

Dsc00446
カレー食べ放題?こんなサービスも・・・

Dsc00438
Dsc00461
店名の由来はこんな意味。

Dsc00463_2
麺爆怒門

新潟県上越市中央町1-20-2(地図)

TEL 未確認

営業時間 11:00~14:30 18:00~21:00

定休日 月曜日

席数 カウンター4席 テーブル2卓 小上がり2卓

喫煙 未確認

駐車場 あり(店前二台。しかしまだ未完備。店の人に聞いてください)

交通アクセス 国道8号を富山から新潟方面へ走行。「石橋」信号を左折。「西本町三丁目」信号を右折。突き当たりの「中央一丁目」信号を左折。その先を道なりに右カーブ。
二つ目の信号手前左手。

« 割烹わたせ@新潟県糸魚川市 | トップページ | やりくり食堂@新潟県上越市 »

ラーメン二郎インスパイア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/55956249

この記事へのトラックバック一覧です: 麺爆怒門@新潟県上越市:

« 割烹わたせ@新潟県糸魚川市 | トップページ | やりくり食堂@新潟県上越市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ