« 信州ラーメン合戦 諏訪・匠の陣 4@長野県諏訪市 | トップページ | 支那そば けん@山梨県河口湖町 »

2012年11月 2日 (金)

信州ラーメン合戦 諏訪・匠の陣 5@長野県諏訪市

多くの名店が割拠する中、こちらは白眉であろう。

Dsc00824
頑固麺飯魂 気むずかし家

信州ラーメンのカリスマ、塚田兼司氏のお店である。

Dsc00810
お初にお目にかかる「長野ラーメンのカリスマ」塚田兼司氏。
正直、お店では何回も頂いているが、本人を目にするのは初めてである。
決して偉ぶるところなく、自ら一兵卒に徹する謙虚な人柄。
7分後、カリスマ手ずから、ラーメンが差し出された。感激!

Dsc00814
信州・匠の中華そば 700円

おおよそイベントのラーメンと言えば、やっつけ仕事的な物が多いが・・・
きっちりしっかり作っているところに、意気込みが伺われた。

Dsc00815
澄んだ黄金のスープ。その表面に宝石のごとく輝く鶏油の玉が美しい。

Dsc00817
チコリーの船に、ナルトと花一輪・・・諏訪湖に浮かぶ船をイメージであろうか?

丼の縁からスープを頂く。ほんのり動物感が漂い、後から魚介の甘みが来る。
なんともやさしく心和む味わいであろうか?
カエシは控えめで信州ラーメンの定石通りダシをアシスト。ダシ6:カエシ4であろう。

Dsc00818
麺は地元産の小麦を使用。角断面の細打ち麺。
粒々が見える。きっと全粒粉であろうが・・・信州名物「そば」をイメージしているのではないか?
つるつる滑らか柔らかめ。かん水などの添加物は少な目のようですっきりした味わい。

Dsc00819
Dsc00820
チャーシューは2種類4枚。片や鶏肉、此方豚肉・・・
ほんのりスモークフレーバー香る逸品。小技が効く。

Dsc00822
やさしい味の黄身に、やさしい味のスープがいい感じにマッチする。

正直、イベントのラーメンは場代込み。いささか高いイメージもあるが・・・
このラーメンに関しては「700円なら安い」感想を持った。

しかし、ふと思った。秀逸な麺、秀逸なスープ・・・
それだけで味わうカケラーメンもいいのではないかと・・・

ここに集う店は並大抵の腕ではない、誰もが認める実力者ばかりであろう。
その中でもこちらは群を抜いていると思う。「カリスマ」と呼ばれる理由がわかる。

Dsc00811
数年前はマイナーであった信州ラーメン。

当時、自分は群馬ラーメンの押し付けがましい味に辟易していた。
偶然味わった信州のラーメンは、素材の味を重視、塩分控えめのやさしい味・・・
毎週の様に通った。当時は誰も見向きもしなかったが・・・

今では漫画の題材になるほどメジャーな地となった。うれしく思う次第である。

気むずかし家

長野県長野市栗田854-1(地図)

TEL 026-225-5060

営業時間 11:00~16:00 17:00~27:00

定休日 火曜日

席数 カウンター3席 テーブル3卓 小上がり3卓

喫煙 不明

駐車場 あり(店前9台)

ホームページ http://bond-of-hearts.jp/main.html 

店主ブログ http://blog.bond-of-hearts.jp/

交通アクセス 国道18号を上田から上越方面走行。「母袋」信号を左折。「南部小学校北」信号を左折、約300m先左手。

« 信州ラーメン合戦 諏訪・匠の陣 4@長野県諏訪市 | トップページ | 支那そば けん@山梨県河口湖町 »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/56013189

この記事へのトラックバック一覧です: 信州ラーメン合戦 諏訪・匠の陣 5@長野県諏訪市:

« 信州ラーメン合戦 諏訪・匠の陣 4@長野県諏訪市 | トップページ | 支那そば けん@山梨県河口湖町 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ