« 信州ラーメン合戦 諏訪・匠の陣 5@長野県諏訪市 | トップページ | 伊勢屋@山梨県上野原市 »

2012年11月 3日 (土)

支那そば けん@山梨県河口湖町

富士五湖の一つ、河口湖の近くに佇む。

Dsc00830_2
当日は月曜日。水ヲタでもある自分。富士山の名水を汲みにやってきた。
12時20分頃到着であった。

Dsc00839_2
「いらっしゃい」と店の人に迎えられた。すでに先客多し。人気店のようだ。
カウンターに着席する。

Dsc00832_3 
Dsc00833_3

Dsc00834_2
ラーメンのメニューはシンプル。それよりもチャーハンが売りでもあろうか?
やたら「半チャーハン」の文字が目立つ。以前はチャーハンヲタだった自分であるが・・・
基本であろう「支那そば」をお願いした。

Dsc00835
店員はご夫婦と思われる年配の男女と、娘さん?と思われる甲州美人一人の三人体制。
男性はチャーハンの中華なべを振るい続ける。人気の模様でかなりの量が出る。
ラーメン作りは甲州美人の担当。力の入った「ちゃっちゃっ・・・ちゃっ!」の湯きりがいい。
10分後に着丼である。

Dsc00843
支那そば 550円

シンプル、そして潔い姿である。

Dsc00845
明るい琥珀色。油もほとんど浮かない軽そうなスープである。

Dsc00848
見た目どおりの重くないスープである・・・が!
しっかりした鶏や豚のガラ感がストレートに伝わる。しかし濁りなくすっきりした味わい。
醤油味が控えめにサポート。優しい味わい・・・ふと思う。これは水がいいせいではないかと?

Dsc00849
麺は白っぽい中細の縮れ麺。自家製手打ちとの事。
結構硬めのボキボキ茹で具合で不思議な食感。かん水や卵も少なめで粉っぽさ一杯。
麦を食べている事を実感する。

Dsc00852
チャーシューはダシ用の赤身多い部分。
ほんのりカエシで味付のこの部位。噛みしめると滲む豚のうまみと融合してうまさ全開。

Dsc00853
心を和ませるほうれん草・・・

Dsc00855
そして、支那そばになくてはならないメンマ。

昔のラーメンには必ず載っていたアイテムだが・・・最近のラーメンにはない。
最近のラーメンは、ラーメンでなくなってきていると思う。

Dsc00851
モヤシが載る。シャッキリな歯応え。

Dsc00856
正直、朝から食べられそうな万人向けのラーメン。客層が広いのも納得した。

その理由は、清らかな富士の名水であると思う。
水が良ければ、変な小細工なくとも、素材のうまみだけで食べる人を心酔させよう。
それはこちらの親店、富士吉田市の支那そば 大輝も同様と思う。

Dsc00766
「道の駅富士吉田」にある水汲み場。
大自然の恵みのラーメン。大いにお勧めである。

Dsc00829
これからのシーズン。河口湖付近の紅葉は美しい・・・

Dsc00840
Dsc00857
支那そば けん

山梨県南都留郡富士河口湖町船津576-4(地図)

TEL 0555-73-3459

営業時間 11:00~14:00 17:00~21:00

定休日 水曜日

席数 カウンター5席 小上がり3卓

喫煙 可

駐車場 あり(店前3台 道向こうに3台位)

交通アクセス 中央自動車道「一宮御坂IC」より国道137号を河口湖方面へ南下。
「河口湖大橋」を渡り、「乳ヶ崎」の次の信号を左折。約150m先左手。

« 信州ラーメン合戦 諏訪・匠の陣 5@長野県諏訪市 | トップページ | 伊勢屋@山梨県上野原市 »

山梨のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/56028975

この記事へのトラックバック一覧です: 支那そば けん@山梨県河口湖町:

« 信州ラーメン合戦 諏訪・匠の陣 5@長野県諏訪市 | トップページ | 伊勢屋@山梨県上野原市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ