« 伊勢屋@山梨県上野原市 | トップページ | 平野屋 支店@群馬県館林市 »

2012年11月 5日 (月)

そうげんラーメン@長野県中野市

秋晴れのドライブ日和・・・昭和の車で吾妻経由で信州へと向かった。
上信越道「信州中野IC」近くに佇む・・・

Dsc00965
開店時間ちょっとすぎの11時10分頃到着。すでに数台の先客の車あり。
なかなか人気のようである。
寒冷の地。店前に囲いのある待ち席が見える。冬場は重宝であろう。

Dsc00968
「いらっしゃいませ」と言う信州美人の明るい声に迎えられた。
きれいに手入れされた店内が日差しに輝く。カウンターに着席した。

Dsc00967
メニュー。こちら二回目の訪店。
以前頂いておいしかった、そして人気メニューであろう「地鶏白湯ラーメン」をお願いした。

実は今回の目当て。最初の25杯に自動的に提供される「鶏チャーシュー」であった。
以前頂いた時は夜の部ゆえ味わえなかった。信州美人に確認。提供可能との事。

Dsc00975
地鶏白湯、あごそば注文者は二種類の麺を選択可能。
まずは普通に「白龍ストレート」でお願いした。

Dsc00969
スタッフは男性二人、信州美人4人の大所帯。
皆かいがいしく動き回る。10分後「お待たせいたしました」と着丼。
そして下がる時の一礼・・・社員教育のしっかりさがよくわかる。

Dsc00979
地鶏白湯ラーメン 800円

淡い色合い。思わず和やかな気分になる。頂上の糸唐辛子が鮮烈。

Dsc00981_2
結構乳化・白濁するスープ。しかし鼻につく嫌な匂いなし。ふんわりいい香りが立ち昇る。

Dsc00984
雑味ない濃厚な鶏のうまみが舌の上に広がる。よく出来たポタージュスープのような味わい。
控えめ、軽めな塩味がうまみをサポートする。信州ラーメンの印象「ダシ6:カエシ4」を守る。
あくまでもダシのよさを尊重している。

Dsc00985
麺は信州産小麦を使用。中細ストレートの角断面、わずかにウェーブする。
プリッとした噛み応え。その際ふわっと、小麦の粉っぽいさわやかな風味が立ち昇る。
結構シコシコ元気な麺。粘度あるスープが付着、融合する。

Dsc00986
先着25杯の地鶏チャーシュー。
一度カエシを塗り、照り焼きにしているのであろうか?皮の部分が香ばしい。
噛みしめるとジューシーなうまみが滲み出る。柔らか、ホロホロと崩れる。

Dsc00988
Dsc00989
白髭ネギ、水菜のトッピング。まったりな白湯スープにさっぱりな味わいは舌休め。

Dsc00990
メンマもすっきり、竹の甘みを主張する味付け。メリハリある組み合わせ。

Dsc00992
こってりすぎず、あっさりすぎず・・・
最後の方では、この秀逸なスープを一匙ずつじっくり味わいながら頂いた。
丼の底まで堪能・・・至福の一杯であった。

Dsc00993
使われている小麦粉の袋が貼られていた。自家製麺かどうかは不明だが・・・
地産地消。県内の長野市柄木田製粉 の小麦粉使用。
自分は仕事がら、柄木田製粉の営業と話をすることもあるが、信州人の誠実な人柄を感じる。
信州人は誠実。信州ラーメンは「誠実な味」がすると思う。

正直、この「誠実な味」は、東京でも十分通用するラーメンであろう。大いにお勧めである。

Dsc00995
Dsc00994
そうげんラーメン

長野県中野市草間1554-1(地図)

TEL 0269-23-3867

営業時間 11:00~14:00 17:00~22:00(スープ切れ終了)

定休日 水曜日

席数 カウンター6席 テーブル3卓 小上がり3卓

喫煙 不可

駐車場 あり(100台)

交通アクセス 国道18号を長野市内から上越方面走行。「浅野」信号を右方向、国道117号信州中野IC、志賀高原方面へ。「信州中野IC入り口」信号を左折約300m左手。

« 伊勢屋@山梨県上野原市 | トップページ | 平野屋 支店@群馬県館林市 »

長野のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/56049546

この記事へのトラックバック一覧です: そうげんラーメン@長野県中野市:

« 伊勢屋@山梨県上野原市 | トップページ | 平野屋 支店@群馬県館林市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ