« らぁめん 廣 7@群馬県太田市 | トップページ | 満古登@福島県喜多方市 »

2012年11月15日 (木)

しろがね@群馬県前橋市

ブログのファンから情報を頂いた。前橋の閑静な住宅街に佇む。

Dsc00800
やきそばで有名なお店らしいが・・・しかしラーメンもあるという。
実は一度、夏に訪れたがラーメンの提供がなかった。
「暑くてラーメンが出ないので、チャーシューなんかが無駄になってしまうから」と言われた。
寒くなってきたこの時期に行ってみた。11時ちょっと過ぎに到着。

Dsc00803_2
「いらっしゃい」と、年配の上州美人がお出迎え。ママさん一人で切り盛りする模様。
店内はテーブル4卓のみのシンプルさ。ソースの焦げる匂いが香ばしい。
若い方一人、親子連れの先客あり。

Dsc00808
メニュー。なかなか安いではないか!
焼きそばは元より、ラーメン、ところてんもあり。軽食屋であろう。
先に配膳された若い人は焼きそばの他、ご飯や汁もの、漬物も提供された。
きっと「焼きそば定食(ABCのどれかは不明)」であろう。

忙しそうなので厨房まで行き「ラーメンお願いします」とママさんにお願いした。
ラーメンをお願いするとちょっと勝手が違うのか?麺茹での鍋を用意したり、スープの用意をしたり・・・
ちょっと時間が掛かって15分後に着丼であった。

Dsc00811
ラーメン 450円

中心に刻まれた柚子が載る。女性店主ならではの心遣いであろう。
当日は寒かった。柚子の香りが、もうもうとした湯気に煽られて立ち昇る・・・

Dsc00812
醤油色濃いスープ。縁に浮かぶラードが見える。レンゲは着かない。丼の縁からスープを啜る。
ガラ感少なめ。昆布や煮干の和風の優しい感じのスープ。カエシの生醤油が僅かに尖る。上州名物の田舎うどん風で素朴。

Dsc00815
麺は細縮れ。加水少な目のようでカリポリ感あり粉っぽい茹で具合。
メインの焼きそばと共通の麺であろうが・・・
ちょっと尖るスープと小麦の甘みが、変な言い方だがアンバランスにマッチング。楽しい。
啜りこむと「ぞぞぞぞ」と、ラーメンのいい音がする。

Dsc00813
チャーシューはバラロール。
脂や赤身がちょっと硬め。 スープに沈めて温めて頂くとうまみが活性化した。

Dsc00816
柔らかなメンマはやさしい味付け。ほんのり甘め。

Dsc00818_2
とろとろワカメ。日本古来のそばうどんの重要なトッピング。彩りを添える・・・

「昔ながらのラーメンはまずい」とラヲタはけなすであろうが・・・
いにしえの姿を残す街並みの一角で頂くのに、これ以上のラーメンがあるだろうか?

一心不乱に丼を掻っ込み「いにしえ」を堪能する・・・

Dsc00819
何度も言う。
ラヲタが鼻にも掛けない中華屋・食堂は、数十年の淘汰の中で生き残ってきた勝利者である。
ノレンの「創業50年」の文字はダテではない。大いにお勧めする。

Dsc00806_2
Dsc00807
卓上には、熱いお茶を湛えたポットが用意される。
後客は年配のご夫婦らしい2人連れ。焼きそば2つと、ラーメンを注文されていた。

Dsc00801
しろがね

群馬県前橋市日吉町2-3-11(地図)

TEL 027-231-8193

営業時間 11:00~18:00頃

定休日 月曜日

席数 テーブル4卓

喫煙 可(灰皿が見えました)

駐車場 あり(店横2台 店の向かいに2台)

交通アクセス 国道17号を前橋駅から渋川方面へ走行。「千代田町三丁目」信号右折。「城東町五差路」信号左折、約300m先左手。

« らぁめん 廣 7@群馬県太田市 | トップページ | 満古登@福島県喜多方市 »

群馬のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/56120031

この記事へのトラックバック一覧です: しろがね@群馬県前橋市:

» しろがね   前橋市日吉町2?3-11 [坂東 太郎のラーメン探検記 (むかし鹿児島いま群馬)]
前橋の日吉町の住宅街の中に,ひっそりと佇むこちらのお店. かなり昔からある,焼きそばで有名なお店のようですが, ラーメンも食べられるようです. ということで,久々に晴天の本日,しろがねへ行って...... [続きを読む]

« らぁめん 廣 7@群馬県太田市 | トップページ | 満古登@福島県喜多方市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ