« 餃子園 滝谷店@栃木県宇都宮市 | トップページ | らーめん 蓮@福島県福島市 »

2012年11月12日 (月)

香福@福島県喜多方市

晩秋のみちのくは美しい・・・その中でも特に美しい喜多方の街並みに佇む。

Dsc00719
2012年7月開店の新しいお店。かつ喜多方名物「朝ラー」可能。
当日は小雨が降り寒かった。ちょっと震えながら入店は開店時間ちょっと過ぎの7時40分。

Dsc00722
「いらっしゃいませ」と出迎える店員。明るい店内にすでに先客1名。
美人ママさん(ホントだぞ)との会話から常連と推測した。
テーブルに着席した。すぐさま二組の家族連れが入店。

Dsc00723
Dsc00724
メニュー
ラーメン専門店らしくシンプル。醤油ベースであろう。トッピングで差別化。
でも「告白ラーメン」「青春ラーメン」て?

Dsc00728
ネーミングの由来が書いてある。
地元ブロガー氏のメニューを試したかったが・・・まず最初はデフォから入るのがお店への礼儀であろう。
自分には遠い昔に過ぎ去った「青春ラーメン」をお願いした。
女性店員「ネギしか載ってませんけど?」と・・・「予習してます」と応える。

Dsc00725
若い店主とママさんの2人体制。店主は喜多方の人気店、坂内食堂出身との事。
手際よい動き、オペの際の音が軽快に響く。8分後、ママさんから配膳された。

Dsc00729
青春ラーメン 500円

深い琥珀色の表面に「これでもか」と載る万能ネギが美しい。みちのくの山々を見ているようだ。

Dsc00733
修行先の店とは異なり、醤油色が濃い。油はほとんど浮かない。

Dsc00734
どうに掬ってもネギが入ってしまうスープ。
ガラ感控えめ。どちらかというと昆布や煮干感ある和風スープ。優しく柔らかな甘みを感じる。
熱めのスープは朝、前日に酒を飲んで疲れた胃にしみ込み、温める感じの優しい味わいである。

Dsc00736
喜多方の定番であろう中細のモチモチ感いっぱいの麺。
縮れいっぱい。元気いっぱい。口の中で元気に踊る。いつ頂いてもうれしい。

Dsc00737
半分眠った胃を起こしてくれるようなネギがふんだん・・・

自分の大好きな「カケラーメン」である。ワンコインの価格もいい。

「青春ラーメン」とはよくも名付けたり!
店の言う「ほろ苦」もそうだが、若さゆえの「さわやかさ」そして「青臭さ」いっぱい。
起き抜けの朝ラーメンにふさわしい構成。シンプルイズベストの潔さ。
サバサバいける。あっという間に完食・完飲・・・地元ブロガー氏風に言うなら

あー美味しかった!!

であろう。

Dsc00740
一見、ニューウェーブな感じもあるが、根底には喜多方ラーメンのコンセプトを踏襲。

ラヲタから「観光客相手の町おこしラーメン」と言われる喜多方ラーメンであるが・・・
正直、自分もそう思いながらも、月イチ位で喜多方に来てしまう。
街並みと店の姿、ラーメンの姿が、これほどぴったりな味わいのラーメンはないと思うのだ。

心で頂く「素朴な街の素朴な一杯」。大いにお勧めである。

Dsc00716
自分が毎日食べているご飯は喜多方産コシヒカリ。
原発事故による風評被害で、不当な差別を受けている福島県農産物であるが・・・
検査を受けていない他県より、きちんと検査を受けている福島県産の方が安心感がある。

Dsc00742
Dsc00721

香福

福島県喜多方市三丁目4840-1(地図)

TEL 0241-23-3878

営業時間 7:30~16:00

定休日 水曜日

席数 カウンター5席 テーブル2卓 小上がり3卓

喫煙 不可

駐車場 あり(店裏10台位)

交通アクセス JR「喜多方駅」を背にして二つ目(駅前の信号含まず)を右折。一つ目の信号左折、二軒目左手。

« 餃子園 滝谷店@栃木県宇都宮市 | トップページ | らーめん 蓮@福島県福島市 »

福島のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/56099766

この記事へのトラックバック一覧です: 香福@福島県喜多方市:

« 餃子園 滝谷店@栃木県宇都宮市 | トップページ | らーめん 蓮@福島県福島市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ