« 武蔵坊 弁慶@群馬県高崎市 | トップページ | 東京麺珍亭本舗 鶴巻町店@東京都新宿区 »

2012年12月24日 (月)

油屋製麺 神田本店@東京都千代田区

JR神田駅近くに佇む。

Dsc01401
実は目当ての店に二軒とも振られ、当てもなくさまよっていた。
店から「いらっしゃい」の声も聞こえたが、嫌いな「つけめん」の文字を見て一旦通り過ぎた。
しかし、ふと「油そば」の文字を見つけ引き返す。

Dsc01387
油そばとは?ひたひたのタレを麺に絡めて食べる「汁なし」と呼ばれるラーメン。
食券制。こちらつけ麺、油そば、中華そばとある。「完熟トマト麺」に興味を引かれた。
「初代油そば」のボタンを押す。同価格で並(200g)と大(300g)選択可能。

Dsc01388_2 
開店直後の11時頃。一番乗り。奥に長いカウンターの一番外側に座る。
店員に食券を渡すと「並?大盛?」と尋ねられたが並(200g)でお願いした。

店員はイケ面の若い男性二人。名札に書かれた姓から支那人と推測。

Dsc01389
カウンターに書かれた油そばのおいしい食べ方。
何軒もの店で油そばを食べている自分だが、必ずこんな但し書きが貼ってある。
10分ほどで着丼であった。

Dsc01393
初代油そば(並) 700円

刻み海苔に白すりゴマが掛かる。デフォで温泉玉子が載る。

Dsc01394
黒い丼に黄色っぽい麺や刻みネギの青がいいコントラスト。見た目もいい。

Dsc01398
麺は比較的太め。加水率高そうで外側フルフル、中モッチリのいい食感。
ぐるっとかき混ぜると、湯気とともにタレの香りが立ち昇る。

タレはそれほど醤油が尖らずマイルドなチューニング。
混ぜた時に壊れて融合した温玉も効いてスパゲティ・カルボナーラ風。こってり。

もちろん「和」である醤油に刻み海苔も融合。まさに「華」と「洋」と「和」が渾然一体・・・しない。
このまとまりの無さが油そばのおもしろさ。

Dsc01395
チャーシューは、タレを塗られ炙られたモモ肉。硬めだが筋に沿ってさっくり切れる。

Dsc01396
そして、ほぐし肉も乗っている。両方の味を楽しめる。

Dsc01397
メンマは太めでざっくり噛み応えあり。味は薄め。

Dsc01390

Dsc01391
自分で自由に味付けするのが油そばのいいところ。
酢、ラー油、山椒、唐辛子、麺のタレ・・・望めばマヨネーズももらえる。
最後の方で、店員からマヨネーズをもらって投入・・・
正直、油そばは汁が無いため、最後はしょっぱくなるが・・・こちらは不思議にそうはならなかった。
いい味のチューニング具合であった。

支那人店員恐るべし。大いにお勧めである。

当日は天皇誕生日。陛下の御誕生日を祝いに参上・・・
間近に見るお姿と、「皆さんの祝意に、深く感謝します」のお言葉に感激。

1_3

Photo

Photo_2 
天皇陛下万歳・・・自分は何度叫んだ事であろうか?

1212234

そして、遠く海の向こうから、陛下の御誕生日のお祝いに駆けつけた「朋友国」台湾の原住民の方々。

天皇陛下万歳 大日本帝国万歳 台湾共和国万歳

Dsc01399
Dsc01400

油屋製麺 神田本店

東京都千代田区鍛冶町1-5-1(地図)

TEL 03-6206-8699

営業時間 11:00~23:00

定休日 日曜日(祝日は営業の模様)

席数 カウンター9席 立ち食いカウンター9人分

喫煙 不可

駐車場 なし

交通アクセス JR神田駅西口下車。駅を背に左手方向へ。スクランブル交差点を渡り直進。約100m先左手。

« 武蔵坊 弁慶@群馬県高崎市 | トップページ | 東京麺珍亭本舗 鶴巻町店@東京都新宿区 »

東京のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/56385053

この記事へのトラックバック一覧です: 油屋製麺 神田本店@東京都千代田区:

« 武蔵坊 弁慶@群馬県高崎市 | トップページ | 東京麺珍亭本舗 鶴巻町店@東京都新宿区 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ