« ほまれ食堂@福島県喜多方市 | トップページ | 大衆食堂 夢の家@長野県上田市 »

2012年12月10日 (月)

濃厚豚骨 ノートン@栃木県宇都宮市

2012年11月開店の新店。県道3号付近に佇む。

Dsc01186
地元のラー友から情報を頂いた。
栃木では有名な俊麺なが田の三号店との事である。まだ開店祝いの花輪がある。
夜7時半頃到着。なかなかオシャレな店構えではないか?

Dsc01160
イケ面の若い男性に「いらっしゃいませ」と迎えられる。満席。待ち人は6人程。アベックばかりであった。
正直、ラーメンなど待ってまで食べる価値はないと思っている自分・・・
イケ面店員に「どれくらい待つの?」と聞くと・・・「10分位です」との事。
10分なら待ってやるか・・・待ち席に腰掛ける。

Dsc01162_2
待ってる間にメニュー拝見。メニュー豊富で楽しめそう。
NOTONは「濃豚」の意味か?オーナーは福岡出身との事。きっと博多スタイルであろう。

Dsc01171 
やがて「ちょっと狭いのですが・・・」と中央のカウンターテーブルに通された。
基本と思われた「濃豚ラーメン」をオーダー。
細麺・太麺・硬さ指定可能。「細麺・茹で普通」をお願いする。

Dsc01166_4
白い壁に漆黒の調度品で渋い店内。スタッフは黒シャツの若い男性三名。
BGMにビートルズが流れていた。厨房は手際よい。しかし客の追加注文も多く大忙し。
10分後に着丼であった。

Dsc01173
濃豚ラーメン(細麺) 650円

縁を雷門が飾る丼は博多・長浜ラーメンでよく見られる物。

Dsc01176
白濁した豚骨スープ・・・
実はこれはうっかり油断して出来た失敗作。しかし・・・飲んでみると意外なうまさであった。
それ以来、福岡ではこれが定番になったと言う。「失敗は成功の元」であろう。

Dsc01179_2
うまみ凝縮のスープ。しかし相当豚臭いのでは?しかし、そんな心配は杞憂であった。
巷では濃厚を追求するあまりコラーゲン過多、全体がぼやけたスープもあるが・・・
濃厚を感じさせ、しっかりうまみを伝える絶妙な味具合。温度は低め。
しかもこの手にありがちな、嫌な臭みやエグ味、苦味が無いすっきりした味である。

Dsc01184
麺は博多ラーメン風のストレートな細麺。
「普通」指定では柔麺好きの自分でもヤワと思う茹で具合。適度なモッチリ感。
適度な粘度のスープが麺に絡む。小麦の味わいと風味が一体化する。

Dsc01183
チャーシューはバラ。
表面にカエシが塗られて炙られたと思われる香ばしい醤油の味わいと風味が残る。
脂部分がマッタリ感を加える。温度が低いのが惜しいが、それが「本場らしさ」を感じさせる。

Dsc01182
新鮮さ一杯。コリコリ食感のキクラゲ。スープと一緒に掬っていただく・・・ウマー

Dsc01168
卓上には摺りゴマやコショウ・・・

Dsc01167
そして・・・紅ショウガや高菜も見えたが・・・使わなかった。
本来、不完全だから、このこのようなトッピングで味を完成させる博多ラーメンであるが・・・
こちらのラーメンは見事完成。これらを用いなかった。

Dsc01185
麺量はおおよそ140~150g位で一杯に足る。替え玉せず丼の底まで堪能。髄粉が残る・・・

後客は大挙。やはりアベックが多い。昔と違い、ラーメンはオシャレでトレンディーな食事なのであろう。

こちらのスローガン「北関東の豚骨の歴史を変える」は大げさであろうが・・・
ブタクサでエグ味多い、好き嫌い激しい豚骨ラーメンを洗練、上品に仕上ている。

ラー友に感謝。クリスマス、アベックでラーメンもいいではないか?大いにお勧めである。

Dsc01159
Dsc01188

濃厚豚骨 ノートン

栃木県宇都宮市鶴田町1244-1(地図)

TEL 028-648-3334

営業時間 11:00~24:00(LO 23:30)

定休日 不定休

席数 カウンター16席 テーブル2卓

喫煙 不可

駐車場 あり(18台)

店主のブログ http://ameblo.jp/shun-men/

交通アクセス 県道2号線を栃木から宇都宮方面へ走行。右手に「HARDOFF」のある「西川田本町」信号を左折、約4800m先の「HARDOFF」のある信号を右折。突き当たり手前左手。

« ほまれ食堂@福島県喜多方市 | トップページ | 大衆食堂 夢の家@長野県上田市 »

栃木のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

おはようございますsun
遠い所、お疲れ様でした。
お口に合うかヒヤヒヤでしたが、とりあえず良かったです。

>>こ☆ さん
丁度喜多方からの帰り道。タイムリーな情報ありがとうございました。
最初は「なんだよ、ただの博多長浜ラーメンじゃねーかよ」と思いましたが・・・
実は粗野な博多長浜ラーメンを丁寧にリファイン、オシャレなラーメンにしています。
クリスマスは冬の寒さに紛れて愛をささやく人で、きっと混むお店と思います(^^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/56293562

この記事へのトラックバック一覧です: 濃厚豚骨 ノートン@栃木県宇都宮市:

« ほまれ食堂@福島県喜多方市 | トップページ | 大衆食堂 夢の家@長野県上田市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ