« 中華料理 五十番@群馬県高崎市 | トップページ | 松 食堂@福島県喜多方市 »

2012年12月 2日 (日)

中華ダイニング 海菜楼@群馬県高崎市

高崎環状線からちょっと入った所に佇む。

Dsc01045
この付近に住む知り合いにおすすめ頂いた。本格四川料理のお店との事である。
12時頃到着、一番乗りであった。

Dsc01050
「いらっしゃいませ」と、男性一人、女性二人のスタッフに迎えられる。家族経営であろう。
中華中華した派手な店内ではない。テーブルに着席した。

Dsc01048
メニュー
店構えから思わず「高ぇだんべぇな」と思いきや・・・基本の醤油ラーメンは450円のうれしさ。

Dsc01049
Dsc01053
Dsc01054
もちろん中華屋。ご飯物や一品物。デザートやアルコール豊富。
日本人は中華大好き。誰が行っても食べる物がある。
空っ風吹きすさぶ高崎。辛味噌ラー麺。そしてこれもお安い焼き餃子をお願いした。

Dsc01057
厨房で鍋を振るう店主・小暮氏。中華屋では珍しい若い方。
油が跳ねる音、焦げる香ばしい「中華の香り」が漂ってくる・・・

10分後「お待たせ致しました」のかわいい女性店員の声が・・・

Dsc01059_2 
焼き餃子 350円

佐野餃子に似た、丸みを帯びた姿。香ばしそうな焼き面の狐色が食欲をそそる。

Dsc01061
皮は厚いがさっくりとちぎれる柔らかさ。中身は野菜と豚肉がふっくらバランス、
酢だけで頂く。餃子の本来のうまさが際立つ・・・350円は安いと思う。

餃子を二つ頂いたところでラーメン登場。

Dsc01064
辛味噌ラー麺 750円

鉢のような丼で現れた。

Dsc01066
辛好みで「おまいは朝鮮人か?」と言われる赤いラーメンが好きな方は多いのではないか?
それを彩る白いモヤシや緑のニラやワカメ。コーンの黄色がサイケデリック。
Dsc01069
表面にも赤い粒が点々・・・赤い油玉はラー油?いかにも辛そうだが・・・
その向こうのベースの味噌スープは実は甘めのやさしさ。
ただ辛いだけではない。甘辛の絶妙なバランスこそ四川料理の魅力である。

Dsc01071
中細、白っぽい麺は自家製。
わずかに縮れたそれはもっちりシコシコ。かん水少な目と思われ雑味なし。素直な食感。
小麦の甘み一杯。味噌と辛味一杯のスープと融合。見事にマッチする。

Dsc01072
頂上に載る辛玉。純粋な粉唐辛子の塊。しっかり溶きほぐす。

Dsc01073
野菜も種類豊富。
モヤシ、ニラ、タマネギ、ニンジン・・・シャッキリした火の通り具合。そして・・・

Dsc01067
「ラーメンにコーンは邪道」と言うが・・・味噌ラーメンや辛味噌ラーメンには必須と思う。

Dsc01074
麺や具を一緒にむさぼり食う・・・もうもうと立ち昇る湯気。
寒い。熱い、辛い、うまい・・・

Dsc01075
無性に貪る。たちまち丼は空になった。

12時近くになり、後客が次々押し寄せる。
界隈は住宅地、ファミリーやアベックと言った、ラヲタではない一般人。笑顔一杯・・・

正直、これがラーメン屋の本来の姿と思う。
昔ながらの中華屋もいいが「今ながらの中華屋」はもっといい。大いにお勧めである。

Dsc01056
ランチメニュー。本格がワンコイン。大いにお食い得であろう。

Dsc01046
Dsc01047
Dsc01077
中華ダイニング 海菜楼

群馬県高崎市貝沢町1185-3(地図)

TEL 027-315-1400

営業時間 11:30~14:00 17:30~21:30LO(日・祝LO21:00 )

定休日 火曜日(振り替え、臨時休業あり)

席数 カウンター4席 テーブル3卓 小上がり2卓

喫煙 可(灰皿が見えました)

駐車場 あり(店前6台位)

交通アクセス 国道17号を前橋から高崎方面へ南下。「緑町」信号を左折、高崎環状線を本庄、熊谷方面へ。JR上越線の陸橋を超え「貝沢町」信号二つ先の信号を右折。約50m左手。

« 中華料理 五十番@群馬県高崎市 | トップページ | 松 食堂@福島県喜多方市 »

群馬のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/56236423

この記事へのトラックバック一覧です: 中華ダイニング 海菜楼@群馬県高崎市:

« 中華料理 五十番@群馬県高崎市 | トップページ | 松 食堂@福島県喜多方市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ