« 中華ダイニング 海菜楼@群馬県高崎市 | トップページ | ほまれ食堂@福島県喜多方市 »

2012年12月 9日 (日)

松 食堂@福島県喜多方市

雪の中でラーメンが食べたくなった。喜多方市役所近くに佇む。

Dsc01096
丁度、開店時間に到着、シャッター(無いけど)。
こちら二回目。扉を開けるとチャーシューを煮るあのいい匂いに包まれた。

Dsc01100
一番乗りはさわやかな気分。ストーブがいいじゃないか!
セルフの水を汲んでテーブルに腰を掛ける。喜多方美人が奥で準備中か?

Dsc01099
シンプルなメニュー。スタッフは家族らしい女性二人で切り盛り。
ラーメンをお願いした。

こちらのチャーシューは人気。厨房に、ボウルに山盛りのチャーシューが見えた。
10分ほどで着丼であった。

Dsc01111
ラーメン 600円

黄金のスープに、ふんだんに載るネギの白と緑がいいコントラスト。

Dsc01112
ほんのり濁り。結構油が浮く表面。喜多方ラーメンのスタンダードな姿であろう。

Dsc01114
しっかりしたガラ感。油のコッテリ感一杯。
チャーシューのうまみが溶け込んだカエシ、煮干、野菜のうまみが融合。
結構甘みあるスープ。そして何より・・・熱い!

Dsc01116
ザッと麺を持ち上げると立ち昇る湯気。
中太縮れの「喜多方麺」の姿。もちもちシコシコ強靭。スープのうまみに負けない主張。
スープと小麦とかん水の香りが融合。思わず口の中がパラダイス。

Dsc01118
チャーシューはバラスライス。
表面は、わずかに豚のうまみを残し、しかし噛みしめるとカエシが染み出す二重構造。
スープの熱さで脂部分がトロトロに溶け、艶かしい食感となる。これが三枚載る。

Dsc01120
メンマも太く幅広いいい部分が載る。
さっくりだが固くない歯ざわり。ほんのり自然な甘み。

到着前には雪が舞っていて寒かった。そんな中で迎えてくれる熱々のラーメン・・・
一心に啜り込んだ。

Dsc01121
隣は説明不要の超人気行列店。

Dsc01122
「なんて不幸せな!」と言うなかれ。
通は、坂内の行列を眺めながら松でラーメン食べると聞く。

冬は、雪が恐くて敬遠しがちな喜多方ラーメン。
しかし、喜多方ラーメンは冬、雪の中で食べてこそうまいと思う。大いにお勧めである。

Dsc01097_2
正式な店名は「食堂 松」であろうか?

Dsc01098
松 食堂

福島県喜多方市細田7230(地図)

TEL 0241-22-9904

営業時間 10:30~17:00(スープ切れ終了)

定休日 不定休

席数 テーブル3卓 小上がり2卓

喫煙 不可

駐車場 なし

交通アクセス JR喜多方駅を背に二つ目(駅前の信号含まず)の信号を右折。その先一つ目の信号を過ぎて約200m先の路地を左折、約100m先左手(道が狭いので気をつけて下さい)。

 

« 中華ダイニング 海菜楼@群馬県高崎市 | トップページ | ほまれ食堂@福島県喜多方市 »

福島のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

一年ほど前に、訪問した者です。
本来のあまのじゃくな性格の為か、坂内に目もくれず、こちらに飛び込んでしまいました。

前店に“まこと食堂”を選んでしまい、若干、味が分かりづらかったのですが、非常に趣深い一杯でした。

次回、喜多方に行けるのは、いったい何時になるのか。

>>ランディさん

正直、自分より喜多方に1時間早く到着できる貴方がうらやましいです。
坂内、あべ、まことと同じく朝ラーできるなら、こちらの人気は相当上がるでしょう。
でも、それをしないこちら・・・通の心を判っているのでしょう(^^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/56281307

この記事へのトラックバック一覧です: 松 食堂@福島県喜多方市:

« 中華ダイニング 海菜楼@群馬県高崎市 | トップページ | ほまれ食堂@福島県喜多方市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ