« 油濱 本店@埼玉県狭山市 | トップページ | 武蔵坊 弁慶@群馬県高崎市 »

2012年12月18日 (火)

ラーメン 雅@群馬県桐生市

国道50号沿いに佇む。佐野&東毛名物「青竹手打ラーメン」のお店である。

Dsc01286
午後1時頃到着。複数の店舗が並ぶこちら。広い共同駐車場に車を止めた。
入口右手に麺打ち場が見える。この界隈では当たり前に見られる設備。

Dsc01291
男性二人、東毛美人二人から「いらっしゃいませ」の若い声が迎える。
休日の時間外れ・・・しかしテーブルに二組のファミリー、カウンターに一組のアベックの先客。
カウンターに着席した。

Dsc01290
Dsc01292
メニュー
こちら3回目。ラーメン、特に塩ラーメンのうまさに感動。
加えて、自分はかつて東毛で仕事。佐野の餃子のうまさも知る。
東毛美人に塩ラーメン&3個餃子をお願いした。

Dsc01293
向こうに餃子を焼く設備が見える・・・と言う事は、かなり餃子も評判と言う事だ。
そして奥から中華鍋を振るう音も聞こえる・・・チャーハンも人気か?
作り分けに手間も時間も掛かるのだろう。15分後に着丼であった。

Dsc01297
塩ラーメン 600円

Dsc01299
Dsc01300
塩味とはいえ、滋養あふれるスープは黄金色。具の青やピンクが鮮やか。

Dsc01302
ふわりと香るゴマ油の風味に酔いしれる。しかし・・・
その後から押し寄せるのは、ガラ感控えめな、昆布などの海鮮風味。
佐野ラーメン特有のしとやかな、心和む感じである。塩気が控えめに和風をアシスト。
そしてこの時期、熱いスープはご馳走であろう。

Dsc01304
ザバッと麺を持ち上げる。表面ツヤツヤの太め平打ち。手打ちゆえ太さばらばら・・・
茹で前の手もみでウェーブ。この手作り感がいい。
表面ふるふる。しかし噛む力を加えるとしっかり抵抗、もっちり歯を受け止める。
小麦の風味と甘みが存分に楽しめる。濃汁出まくり( ゚Д゚)ウマー

Dsc01305
チャーシューは薄めのバラ。
スープにダシを取られたダシガラ。熱で脂部分がとろける。そこにしみこんだカエシがアシスト。
自分が大好きなチャーシューのタイプ。これが2枚載る。

Dsc01306
メンマは細く裂かれたもの。カリッとした歯応え。甘みが走る。

Dsc01307
ラーメンのトレードマークは、やっぱりこれでしょう。口直しに貢献。

Dsc01308
同時に届いた3個餃子 320円

佐野餃子は大きめ。普通サイズの餃子皿に3個がジャストフィット。その大きさがわかる。

Dsc01309
ただ大きいだけではない。焼いた皮はパフッとふくらむ。焼き面の狐色も香ばしそうで見事。
内容はおおぶりに刻まれた野菜がメイン。カリッと噛み応えある大きさの刻み。
しっかり素材の味がにじみ出る。それだけで完成品。いつも使う酢さえ使わなかった。

Dsc01310
やっぱり粉食文化一杯のこの界隈。小麦のうまさを満喫した。
餃子もろとも完食・完飲・・・

どこのお店の出身であろうか?
このしっかりした麺は佐野「叶屋」。あるいは群馬「やまや食堂」辺りであろうか?

お勘定時、「ここはどこの店出身?」と聞くと上州美人「ちょっとお待ちください」と厨房へ・・・
仕事の邪魔をしてしまった。「いいよ、いいよ」と逃げるように店を出た。

店名通りの「雅」なラーメン。大いにお勧めである。

Dsc01288
Dsc01287
Dsc01311
ラーメン雅

群馬県桐生市広沢町広沢町6丁目480-5(地図)

TEL 0277-53-6306

営業時間 11:30~14:00 17:30~21:00(Lo20:30)

定休日 火曜日(祝日は翌日)

席数 カウンター7席 テーブル2卓 小上がり2卓

喫煙 不可

駐車場 あり(共用15台)

交通アクセス 国道50号を前橋から桐生方面走行。「広沢町6丁目」信号・歩道橋を超えて約50m先左手。

« 油濱 本店@埼玉県狭山市 | トップページ | 武蔵坊 弁慶@群馬県高崎市 »

群馬のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/56339732

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメン 雅@群馬県桐生市:

« 油濱 本店@埼玉県狭山市 | トップページ | 武蔵坊 弁慶@群馬県高崎市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ