« 老舗 上海@福島県喜多方市 | トップページ | 手打ちラーメン やしお@栃木県矢板市 »

2013年1月16日 (水)

天高盛@福島県喜多方市

喜多方ラーメンは老舗ばかりではない。市街からちょっと離れた所に佇む。

Dsc01823
無化調ラーメンを出すと話題のお店。雪の中、時間外れの1時半頃到着。

Dsc01827
「いらっしゃい」
年配の男性と若い男性のスタッフ2人に迎えられた。小ざっぱり、変な演出のない明るい店内。
雪の中、先客は小上がり一組、テーブル1組、カウンター3人程の7人ほど。後客2名。
店主と思われる年配の男性と客の会話から常連が多いと思われた。カウンターに着席する。

Dsc01825
メニューは「らーめん」のみの潔さ。あとはライスやチャーシュー丼など。
今時ワンコインは安いではないか?しかし・・・

ふっふっふっ・・・実は裏メニューがあるんですよ。その裏メニューとは?

地元の人気ブロガー氏の名を冠した「こたなりんSpecial」なる物。
おいしい喜多方の水を持ってきて頂いた店主に値段を聞くと「同じです」との事。そちらをお願いした。

Dsc01826_2
オペを拝見。調理は若い人が担当。
着実、誠実な手際。そして何よりも「おいしく召し上がってほしい」の意図が見られた。
麺茹では深ザルだが、その上にチャーシューを乗せた容器を載せ落とし蓋。
チャーシューを温めうまみを活性化させる。丼も同様に温める・・・10分後、着丼であった。

Dsc01829
こたなりんSpecial 500円

通常のラーメンと違い、刻んだチャーシューが載る。

※ デフォでも5~6枚のチャーシューが載る模様。

既存の喜多方ラーメンに比べ、スープの醤油色は浅め。しかし素材のうまみが溶け出しわずかに濁る。

Dsc01834
「あれ?味がしない?」の印象こそ無化調ラーメンの証明。カエシのインパクト少だがふくよか。
ゆえに二口、三口と飲むほどに、いい感じに味が複雑に重なってくる。
素材の味をしっかり感じてほしい・・・ゆえにスープ温度は低め。

Dsc01835
麺は中太縮れ。多加水、モチモチシコシコ感ある定番。
あった麺箱には喜多方で最も大きなシェアを持つ製麺所の名が書かれていた。
力強さがある麺。しかし若干スープが押され気味感があった。「味濃い目」推奨。

Dsc01837
この辺がSpecial。
刻まれたチャーシューから溶け出したうまみ一杯。

Dsc01840
こ~んな風に麺と一緒に食べたり・・・

Dsc01842
こ~んな風にスープと一緒に頂いてもいい。

Dsc01836
浅め、甘めの柔らかメンマ。

Dsc01839
やさしい甘みのナルトも載る。和やかなお味に脳汁出まくり・・・

Dsc01843
無化調ラーメンは、温度が下がるほどにうまみが重なり増して行く・・・
レンゲで一匙づつ味を堪能する・・・丼の底まで味わいつくす。

元々は地元人気ブロガー氏が閉店間際に駆け込み・・・
店主「材料が終わっちゃったんですが・・・」
ブロガー「クズでもいいから入れて・・・」
で始まったエポックメーキングなこのメニュー。しかし意外なうまさがあった。

※ 今出されるメニューは、クズでなくまともなチャーシューをあえて刻んでいます。

こちらのみならず、喜多方ラーメンは進化しつつある。ご当地ラーメンの名にあぐらをかいていられない。

そして「進化=深化」であろうか?味を深く追求するこちら。大いにお勧めである。

Dsc01810
帰りに会津若松の県立博物館にあるNHK大河ドラマ「八重の桜」館を見てきた。

主人公の山本八重は、会津藩砲術指南の家に生まれる。女だてらに、裁縫より鉄砲を好んだという。
会津戦争では断髪。軍服を纏い、スペンサー銃を持って薩長連合軍に夜襲をかけるなど奮戦する。
しかし、圧倒的な薩長の火力の前に会津は降伏・・・落城の夜

明日の夜は 何国の誰かながむらん なれし御城に残す月影

の無念の句を城壁に刻んだと言う。

後に、上毛かるたにある群馬の偉人「平和の使い 新島襄」と結婚。新島八重となる。

幕末は、不当な薩長の攻撃に敢然と立ち向かう「幕末のジャンヌ・ダルク」。
そして戦後、日本赤十字社の看護婦として日露戦争に従軍。「明治のナイチンゲール」と呼ばれる。

類まれなる女傑の魂は、昭和7年、天に還る。享年86歳。

観光客相手ではない。地元民に愛される喜多方ラーメン。大いにお勧めである。

Dsc01824_2
Dsc01844
天高盛

福島県喜多方市豊川町米室アカト5246-115(地図)

TEL 不明

営業時間 11:00~14:30

定休日 火曜日

席数 カウンター5席 テーブル2卓 小上がり2卓

喫煙 不可

駐車場 あり(10台位)

交通アクセス  国道121号を会津若松より喜多方方面へ。途中「喜多方駅」方面へ。県道210号と交差する(右手にカラオケまねきねこ)信号を左折、川を渡り歩道橋をすぎて一つ目の信号を左折。約1km先右手。

« 老舗 上海@福島県喜多方市 | トップページ | 手打ちラーメン やしお@栃木県矢板市 »

福島のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/56554972

この記事へのトラックバック一覧です: 天高盛@福島県喜多方市:

« 老舗 上海@福島県喜多方市 | トップページ | 手打ちラーメン やしお@栃木県矢板市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ