« 麺屋 こころ@栃木県小山市 | トップページ | 麺屋 さくら@長野県諏訪市 »

2013年2月12日 (火)

第一食堂@群馬県伊勢崎市

国道354号から、本庄市へ向かう道沿いに佇む。

Dsc02171
創業昭和42年の老舗。冬晴れの休日11時頃到着。

Dsc02172
先客なし。ずらりと並んだ献立に圧倒される。
雰囲気に似合いの、小柄なごま塩頭の年配のおばちゃんに「いらっしゃい」と出迎えられた。
テーブルに着席する。

Dsc02173
Dsc02174_2
メニュー

うおっ、デフォのラーメンは今時400円は安いと思う。ランチも650円の安さ。
ラーメンはもとより、ご飯物、丼物、定食と品数豊富で客を飽きさせない。
右から順々に毎日食べたくなる。この他にも一品物、飲み物豊富。
食堂ならではのラーメン?であるカレーラーメンを発見、お願いした。

奥には男性店員の姿も見えた。カレーを温めるニオイがしてくる。
「ラーメン屋のカレーはダシで伸ばすからうまい」は常識。こちらのカレーライスはうまいであろう。
10分ほどで、おばちゃんの配膳で着丼であった。

Dsc02181
カレーラーメン 560円

Dsc02183
醤油スープの上に、もったりした、いかにも食堂のカレーが掛かる。

Dsc02185
ダシ感控えめ。トリガラ、豚ガラ、そして他の料理で使われた野菜クズを上手に使ったものであろう。
カエシもインパクト弱め。ほのぼのした昔ながらの中華そばの味がする。

Dsc02188
カレーはスパイシーではなく、辛くない昭和の味。あるいは小学校の給食のカレーを思い出す。
おそらく自家製。材料が煮込まれて崩れかけている。

Dsc02189
麺は縮れた細麺。加水率は少なく小麦の風味一杯。
炭水化物とカレーの相性がいいのは常識。たっぷりカレーが絡む。ウマー

Dsc02190
そして・・・豚コマがかなり入る。うまみをカレーに放出。カレーのうまみを吸収。
仕込んで2日目辺りだろうか?脂身がトロリと融けかかっている。

Dsc02191
食べ進むうちにカレーがスープに完全に融け混じり、カレースープになる。
味わいの変化を楽しむ。レンゲで一匙ずつ掬って頂く。玉ネギの欠片も見えた。

色々な素材が融合、しかしわがままな主張はなし。文句の出ない味。
それだからこそ半世紀近くもやって来られたのだと思う。

素朴感一杯。ラヲタではない、雰囲気も味わう本当のラーメン好きに、大いにお勧めである。

Dsc02179
店内に昔の写真が飾られる。ファンの常連さんも多いようだ。

Dsc02192
Dsc02193
Dsc02194
第一食堂

群馬県伊勢崎市富塚町260-2(地図)

TEL 0270-32-1344

営業時間  9:00~20:00 月曜日のみ~15:00

定休日 火曜日 

席数 テーブル6卓 小上がり4卓

喫煙 可(禁煙席あり。しかし隔絶されていないので意味なし)

駐車場 あり(8台)

交通アクセス 国道354号を高崎から伊勢崎方面へ走行。「堀口町」信号右折。約1,800m先左手。

« 麺屋 こころ@栃木県小山市 | トップページ | 麺屋 さくら@長野県諏訪市 »

群馬のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/56745613

この記事へのトラックバック一覧です: 第一食堂@群馬県伊勢崎市:

« 麺屋 こころ@栃木県小山市 | トップページ | 麺屋 さくら@長野県諏訪市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ