« 手打ちラーメン創房 舌笑家@群馬県館林市 | トップページ | らーめん どらごん@長野県上田市 »

2013年3月 4日 (月)

麺屋 さくら 2@長野県諏訪市

前回の宿題片付け。二回目の訪店。

Dsc02420
開店から間もない11時15分頃到着。早くも結構な客入り。8割くらい埋まっていた。人気店か?

Dsc02425
宿題と言うのはこちら。マイブームのまぜそば、油そばといった「汁なし」である。
奇しくも前回と同じ席に着く。お冷を頂いた信州美人に「混ぜおぱち。並」と、お願いした。

Dsc02427_2
こちら自家製麺。厨房近くに製麺室がある。
廻りには小麦粉の袋が貼ってありそれを誇示する。日清製粉「特NO1」「全粒粉D」。
地元長野県の日穀製粉「牛若」。他、江別製粉や千葉製粉の袋も見えた。研究熱心。
サイドメニューも多く、店員がかいがいしく椀物や皿に載った物を運んでいる。
15分後に「限定でございます」の声と共に着丼であった。

Dsc02430
混ぜおぱち(並) 690円

汁なしカレーうどんの姿である。

Dsc02432
「真ん中わけ」に掛かるカレーは、挽肉一杯のキーマカレーという奴。
少し頂いてみる。結構スパイシー、しかし辛さはそれほどでもないいい感じ。

Dsc02434
麺は太め。黒い粒々が見えるところから全粒粉ブレンドと推測。
モチモチ感少なく、結構しっかりした、麦の香りとうまみがぎゅっと圧縮されたもの。主張あり。
スープではなく「カレー」をしっかり受け止め融合。バランスよし。

Dsc02433_2
まぜそば、油そばのベンツマーク?生玉子の黄身が鎮座する。

Dsc02436_2
カレーならではの漬物も載っていた。薬味の刻みネギも載っていた。しかし・・・

Dsc02440
芸術作品を壊すようで申し訳ないが・・・レッツまぜまぜ~
カレーと麺が一体になる。カレーと炭水化物の相性は滅法いい。
日本人はカレーライスやカレーうどんや大好き。別々に食べないで、混ぜて食べるのだ。

ふと感じるマイルド感。功労者は生玉子である。さらなるまったり感が加わる・・・
実は最近、自分は焼きそばにも生玉子を掛けて食べるようになった。病気であろうか?

Dsc02426_2
卓上の調味料で味変え可能。しかし自分はマヨネーズが欲しい。

Dsc02442
結構カレーが多く残った。しかしレンゲは付かない。丼を持ち上げて「ずぞおおお・・・」と飲み干す。
ごちそうさまでした(レンゲはお願いすれば貰えると思います)。

お勘定の時、信州美人に「おぱちってどういう意味ですか?」と聞くと・・・
「そこまではオーナーから聞いてませんが・・・近々『おぱち』と言うお店を開店するんですよ」と・・・

こちら上諏訪駅前にて開業。その後こちらに移転。茅野市に二店目麺王 零(ZERO)
そして三店目を出すと言う。
それぞれ違うタイプのラーメンらしい。新店にも期待。まぜそば専門店ならうれしい。

・・・無理か?

日本人の好きなカレーまぜそば。大いにお勧めである。

Dsc02449
うおっ、バンビが・・・帰りの和田峠(旧道)での風景。自然一杯(^^)

Dsc02421

Dsc02445_2
麺屋 さくら

長野県諏訪市高島4-1619(地図)

TEL0266-52-4677

営業時間 11:00~14:00 17:00~21:30 

定休日 月曜日(祝日は営業)

席数 カウンター8席 テーブル2卓 小上がり3卓

喫煙 未確認(喫煙者は見えませんでした)

駐車場 あり(15台位)

交通アクセス 国道20号を岡谷から甲府方面へ走行。「諏訪1・2丁目」信号右折。高島城方面へ。高島城を右手に眺めながら道なりに進み「高島4丁目」信号左折。約100m先左手。

« 手打ちラーメン創房 舌笑家@群馬県館林市 | トップページ | らーめん どらごん@長野県上田市 »

長野のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/56880873

この記事へのトラックバック一覧です: 麺屋 さくら 2@長野県諏訪市:

« 手打ちラーメン創房 舌笑家@群馬県館林市 | トップページ | らーめん どらごん@長野県上田市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ