« 中国料理 源来軒@福島県喜多方市 | トップページ | 香珍@群馬県高崎市 »

2013年3月19日 (火)

木挽食堂@福島県泉崎村

国道4号沿いに佇む。

Dsc02660
福島ラーメン遠征の帰り、雰囲気よく、いつも横目で見ていた。
時間は16時近く。いい具におなかも空いている。ノレンが出ていた。一旦通り過ぎるもUターン。

Dsc02662
「いらっしゃい」と店員に迎えられた。
驚くなかれ!この時間でも先客が一人いらっしゃった。
通し営業らしく小腹ふさぎでもあろう。店員は年配の男女(ご夫婦?)と、妙齢の白河美人。
さっと出てくるお冷。すっきりした味わい。

Dsc02663

Dsc02664_3
メニュー
ラーメンが主体。そしてセットでサイドメニューを用意する構成。
カレーライスが唯一のご飯物か?そして・・・
Dsc02665_2
うおっ、安い・・・
厨房にラーメンと餃子をお願いした。
待つこと8分、まず餃子、ちょっと遅れてラーメン着丼であった。

Dsc02673
ラーメン 500円

Dsc02676
澄んだ琥珀色のスープに、大きめの油の輪がいくつも浮くのは白河ラーメンの姿。
もちろん定石のナルトやほうれん草も載る。

Dsc02677
まずスープをぐびり・・・鮮烈な鶏のうまみ。そして魚介の節がフォローする。
醤油はそれほど尖らずフォローに徹する。ダシとカエシは6:4くらい。絶妙。

Dsc02679
手打ちという麺は、幅8mmくらい、厚み2mmくらい。力強く縮れる極太麺。
かなりしっかりした噛み応え。食い応えあり。小麦のうまみを存分に堪能できる。
絡むスープは「従」に徹し、麺のうまさをフォローしている。

Dsc02681
この日はチャーシューに外れなかった。
ダシ用のモモ肉はダシを取るための物だろうが、ほんのりカエシで味付け。
見た目パサだが、ホロリと崩れる。心が和むチャーシュー。

Dsc02683
メンマもさっぱりした、軽快感ある物。スープと一緒に頂くと美味であろう。

Dsc02682

Dsc02685_2
昔ながらの「中華そば」に定番のほうれん草やナルトも標準装備。
舌も心も癒される。

Dsc02687
当日、ラーメン三杯目ながら、朝8時からのインターバルで完食、完飲。
もちろん、うまいラーメンだから出来る芸当である。

Dsc02684
餃子は5個。こんがり焼き色がつく底面。

Dsc02686
皮は薄めでさっくり。アンの程よく熟成したうまみが滲む。この値段なら頼むべし。

店員に「とら食堂出身ですか?」と聞くと「関係ありません」と・・・
白河ラーメン=とら食堂の固定観念のある自分。恥じ入る次第であった・・・Orz

他にも「白河ラーメン」の看板を多く見た。研究課題。大いにお勧めである。

Dsc02689
中休み無し。12時が必ずしもお昼でない、ランダムな客の来店を考えての事。
街道沿いのお店は、こんな営業時間のお店が多くありがたい。

Dsc02688

Dsc02659_2
木挽食堂

福島県西白河郡泉崎村大字踏瀬字三ツ屋前20-1(地図)

TEL 0248-53-2839

営業時間 11:00~19:00頃(麺切れ終了)

定休日 火曜日

席数 テーブル3卓 小上がり4卓

喫煙 可

駐車場 あり

交通アクセス 国道4号を栃木から福島方面へ北上。「泉崎」信号を超えて約1,300m。
三つ目の信号手前左手。
 

« 中国料理 源来軒@福島県喜多方市 | トップページ | 香珍@群馬県高崎市 »

福島のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/56982951

この記事へのトラックバック一覧です: 木挽食堂@福島県泉崎村:

« 中国料理 源来軒@福島県喜多方市 | トップページ | 香珍@群馬県高崎市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ