« 麺屋 さくら 2@長野県諏訪市 | トップページ | めん処 麒麟児@千葉県流山市 »

2013年3月 5日 (火)

らーめん どらごん@長野県上田市

上田から松本方面に向かう、国道142号沿い、電気屋の傍らに佇む。

Dsc02450_2
昼の部終了間際の14時ちょっと前に滑り込む。
扉を開け「いいですか?」と店の人に問いかける。信州美人の「どうぞ」の声に迎えられた。

Dsc02456
どこにでもある食堂・中華屋。先客はアベック一組、常連であろう。
店内はテーブル&カウンター。広々でくつろげる。店員は夫婦であろう年配の男女。
ママさんからお冷が届く。

Dsc02453

Dsc02454_2
メニュー
オーソドックスでわかりやすいメニュー構成。
最近流行のラーメン屋に行くと、意味不明な表記で面食らうこともあるが・・・
サイドメニューも豊富。ライスは地元のはぜかけ米(自然乾燥米)。麺は自家製麺。
思うところあり、「味噌野菜らーめん」をお願いした。

しばし待つ。厨房からは中華鍋を振るい、お玉でかき回す軽快な音が聞こえる。
油が熱せられて、いい音と香りが漂う。今風のラーメン屋にはない、中華屋の音と香り・・・

10分後に着丼であった。

Dsc02461
味噌野菜らーめん 800円

Dsc02463
おそらく中華鍋で具を炒め、そこにダシを投入する「タンメン」の技法であろう。

Dsc02464
スープはライトな味噌味。甘め。しかし決して濃厚ではなく、ダシのガラ感がほのかに香る。
誰でもとっつき易い、好き嫌いのない味。野菜の甘みが溶け込む。油は程々控えめ。

Dsc02466
自慢の自家製麺は中太。わずかに縮れが入る。
結構重め。加水、かん水少なく小麦の香りとうまみがぎゅっと詰まったもの。
ほかではなかなか見かけない。自家製麺ならではであろう。食い応えあり。

Dsc02468_3

Dsc02469_4
キャベツ、ニンジン、タマネギ、長ネギ、キクラゲ、豚バラがふんだんに載る。
ダシや味噌が融合、お互いの食材がうまみを交換し合って融合する。

Dsc02471
しかし、最近流行のラーメンのような、一部の食材の主張の強いラーメンではない。
わずかに味噌が主張するのみ。サバサバ頂く。少しスープを残して完食。

お勘定がてら「こちら、アタミの味噌ラーメンの技法だね」と聞いてみると・・・
店主「昔、アタミにいまして・・・ここで開業しました」と・・・なんと!上田の名店出身。

Dsc02467
アタミの味噌ラーメンの技法。それは味噌ダレにもやしを漬けた物をラーメンに投入する。
丼から出てきた、味噌ダレを放出したもやし。どんな効果があるか知らないが・・・

「アタミ」は上田(旧・丸子町含む)に三店舗を営んでいた。
実は自分、新潟釣行の際、18号沿いのアタミの「味噌野菜らーめん」には随分お世話になった。

Pict0054
18号沿いの「アタミ」の現況。高齢のせいか?数年前に惜しまれつつ閉店。主人も昨年亡くなったという。
謹んでご冥福をお祈りする。

Dsc02475
向かいに、はこーんなお店や・・・

Dsc02476_2
隣に、こーんなお店もあるが・・・

決して臆する事なく、多くの人に愛され30年以上細々と営業・・・
「知られざる名店の味」をしっかり受け継ぐこちら。大いにお勧めである。

Dsc02451

Dsc02473

Dsc02474_2
らーめん どらごん

長野県上田市中之条74-6(地図)

TEL 0268-27-8170

営業時間 11:30~14:00 17:00~11:00

定休日 火曜日

席数 カウンター4席 テーブル4卓

喫煙 可

駐車場 あり

交通アクセス 国道18号を小諸から長野方面へ走行。「常盤城4丁目」信号左折、県道65号を南下。千曲川を渡り「赤坂」信号を左折、二軒目左手。

« 麺屋 さくら 2@長野県諏訪市 | トップページ | めん処 麒麟児@千葉県流山市 »

長野のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

先輩の口コミで最初にアタミに行ったのが1990年12月2日(日)。ご主人が「今日は(ラグビー)早明戦だね。」とおっしゃっていたので忘れもしません。注文はもちろん味噌野菜ラーメン。旨くて感動しました。当時、神畑のアパ-トで学生をしていたので免許が無く、電車とバスを乗り継いで卒業するまで、お金が貯まると食べに行っていました。店内の柱に「タッチ」の南ちゃんのシールが貼ってあった席がお気に入りでした。

そうですか、ご主人お亡くなりになったのですか……私もご冥福をお祈りしたいと思います。

しかし、アタミの味を継ぐ『どらごん』様の存在を知って嬉しい限りです。北陸新幹線が2015年に開業したら是非、上田の赤坂上を訪れたい次第です。それでは。

>>林雅人 さん

いらっしゃい
アタミ、掘っ立て小屋のような雰囲気と、ボリューム満点の味噌野菜ラーメンはファンが多かった模様。
今でもあの味を懐かしむ人が多いようであります。

昭和47年の5月から昭和50年の3月いっぱい、上田で学生をしていました。その時友達と深夜にラーメンを食べに行ったお店の名前が、確かアタミでした。約40年前の話ですが、お店の外観は掲載してもらった写真にそっくりだったような気がします。市街地から少し離れていましたが、90ccのバイクで二人乗りをして出かけたものです。

>> JUN さん

いらっしゃい

何気にアタミのファンが多いのには驚かされます。
自分がアタミに初めて行ったのは7年くらい前。正直、廃業したラーメン屋だと思ってました。
しかし、ある時店の前に水を撒いている店主を見て「この店やってたんだ!」と思いました。
低い入り口。丸太を切った椅子がなんともほのぼの。いかにも街道沿いのラーメン屋と言った感じ。
夜遅くまでやってた事もあって、結構お世話になりました(^^)

タカサキサイレンスさん、こんにちは。
今日のお昼に一年ぶりで行ってきました。
味噌野菜の特大!を食べました。
ここのご主人はいい仕事するよね。
美味しい個人店は残っていって欲しいです。
明日はぶるーとに行ってみようかな。

いらっしゃい

ぶるーと!

この前行きました。二代目もなかなか話し好き。
話し込んでるうちにおやっさん登場。「ダメだよ、いつも前通ってるんなら、たまには寄ってくれなきゃ」と・・・完全に正体ばれてます(笑)

国道18号沿い、254沿い、141号沿い・・・まだまだいいお店はいっぱいあります(^^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/56887654

この記事へのトラックバック一覧です: らーめん どらごん@長野県上田市:

« 麺屋 さくら 2@長野県諏訪市 | トップページ | めん処 麒麟児@千葉県流山市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ