« らーめん どらごん@長野県上田市 | トップページ | 熊本ラーメン 都来@千葉県柏市 »

2013年3月10日 (日)

めん処 麒麟児@千葉県流山市

利根運河近くに佇む・・・

Dsc02484
こちら、鶏と豚の融合する「鶏豚骨」がウリの店だが・・・
某クソサイトに「油そば始めました」と書いてあった。
激混みの県道5号を走り・・・運河脇に車を止め、ちょっと歩いて・・・12時10分に到着した。

Dsc02485
うおっ、「絶品」と看板に大書きされていた。ワンコインがうれしいではないか!

Dsc02487
食券制。
構成は「らーめん」「つけめん」「油そば」。そして「みそオロチョン」の4系統が基本。
トッピングで差をつける。
Dsc02488
親切に麺量が書いてある。
かつ、油そばは「太麺」と「平打麺」のセレクト可能。
佐野ラーメン大好きな自分。「油そば・平打麺」の食券と、こちらはデフォで生玉子が載らないので、それに準じる「温泉玉子」のボタンを押す。

Dsc02489_2
シンプルなカウンターのみのお店。こちら大学の近く。若い方が多い。
しかし年配の方もおり客層は広そう。後客におばちゃん来店であった。
スタッフは若い黒シャツの男性店員二人。寡黙に、一心不乱にオペレート。
先客のラーメン(つけめん)のオペ。手鍋で温めなおされたスープはポタージュを彷彿させた。
6分程で、自分にも丼が提供された。

Dsc02493
油そば(平打麺) 500円

Dsc02494_2
そして、別に供された温泉玉子 100円
Dsc02496
載ったカツオ節が湯気に煽られて、生きているようにひらひらのた打ち回る。

Dsc02498
幅9mm、厚さ2mm程の帯状の麺。揉まれてウエーブが入る。

Dsc02492
ラヲタは知らぬ人はいないであろう「三河屋製麺」謹製の麺。
しかし、いくらいい麺を使っても、調理する者の技術がなければ台無しである。
能書き通りのチョイ固め、シコシコ感一杯。小麦の風味と甘み一杯。見事な扱い。

Dsc02495
混ざりやすいように、あえてほぐした豚であろう。

Dsc02500
温玉トッピング、いつものように、レッツまぜまぜ~
タレと、ぶっ壊れた温泉玉子の黄身が麺にねっとり・・・醤油と油の融合した香りが立ち昇る。
醤油は尖らず、心なしか魚介の甘みがほんのり。メンマは浅めな味付け。舌休めの役割か?

Dsc02490_4

Dsc02491_4
まだまだマイナーな油そば。おいしい食べ方が書いてある。調味料も置いてある。
自分は百も承知だが、味変えなく頂いた。それほど完成度は高かった。

最後に、多くの方の疑問に応えて・・・スープ割りを所望。しかし・・・
「申し訳ありません。スープ割りはつけめんだけなんです」と・・・Orz

Dsc02501
しかし、最後はしょっぱく思う油そば。こちらは食べ終わりで「ちょっとしょっぱいかな?」程度で完食。

元々、油そばは「手抜きそば」とも言われスープなし。その代りに値段が安く、お金のない腹っ減らしの学生のありがたい食べ物であった。
こちら、大盛り(麺量300gは普通のラーメンの二倍)でも+100円とリーズナブル。
同時に、麺のうまさを味わうのに最適な姿。大いにお勧めである。

Pict0002

Pict0009_2
当日は気温25度超のバカ陽気。利根運河は、多くの人で一杯。

Dsc02502

Dsc02486_2
めん処 麒麟児

千葉県流山市東深井405(地図)

TEL 04-7192-8336

営業時間 月~土11:00~14:00 16:00~23:00 日曜日11:00~14:00 16:00~21:00 (スープ切れ終了)

定休日 なし

席数 カウンター12席

喫煙 不可

駐車場 なし

交通アクセス 県道5号線「流山街道」を流山から野田方面へ北上。「東深井」過ぎて二つ目(運河駅入口)信号を右折。駅にぶつかって右折、二軒目。
東武野田線「運河駅」下車。駅を背にして左手のテナント二軒目。

« らーめん どらごん@長野県上田市 | トップページ | 熊本ラーメン 都来@千葉県柏市 »

千葉のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/56922013

この記事へのトラックバック一覧です: めん処 麒麟児@千葉県流山市:

« らーめん どらごん@長野県上田市 | トップページ | 熊本ラーメン 都来@千葉県柏市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ