« めん処 麒麟児@千葉県流山市 | トップページ | 林屋食堂@群馬県渋川市 »

2013年3月11日 (月)

熊本ラーメン 都来@千葉県柏市

国道6号線から、ちょっと入った道の傍らに佇む。

Dsc02508
近くのHARDOFFに行く道すがらにあり、いつも気になっていた。
長めの昼営業は食いそびれた時にうれしい。時間外れの1時40分頃到着。

Dsc02511
「いらっしゃい」と、愛想のいい、にこやかな店主に迎えられた。先客1名。
食券制。デフォは500円と今時うれしいお値段。加えてライスがサービスになるという。
「ら~めん」のボタンをポチり、店主に渡す。

Dsc02515
カウンター&テーブルのシンプルな店内。余裕あり広々。
変なルールなどなく気兼ねない雰囲気。

Dsc02513
てきぱきした軽快なオペの店主。温めた丼にタレ、調味料、ダシを投入。
深ザルで茹でた麺をちゃっちゃっちゃ・・・そこに同じく茹でたモヤシ、冷蔵庫から取り出したチャーシューを載せ、ネギを振りかけ・・・仕上げにマー油。4分ほどで到着であった。

Dsc02517
ら~めん 500円

Dsc02519
ほどほどに白濁したスープに、マー油(焦がしニンニク油)が頃合いに浮く。
決して支配的でないのがいい。

Dsc02520_2
スープは程よく軽快な豚クサ。決して鼻につかない。
九州とんこつは博多ラーメンのイメージが強いが、実は熊本ラーメン、鹿児島ラーメン、大分ラーメンは逆に、濃厚さ(豚臭さ)を抑える傾向が強い様に思う。
重くはないが、しっかり豚感のある塩ラーメンの味わい。ほのかな酸味はマー油か?

Dsc02523
自慢の自家製麺は中細の、わずかにウェーブ掛かる正方形断面。
結構多加水で半透明、モチモチな食感。すする時の「ぞぞぞぞ」という音もいい。
軽やかなスープを引っ掛け、いい感じに口の中に飛び込んでくる。
茹でモヤシは、麺と同じくらいの太さでしゃきしゃき。一緒に食べると口の中がパラダイス。

Dsc02524
チャーシューは絶品。
ダシを取られた産物と思いきや・・・なかなかしっかり味わい深い。
ほのかに甘め。しかししっかりうまみが残っている。これが3枚載っていた。

Dsc02525
「どうぞ」と出てきたサービスライスは、白飯ではなくなんとシャケの炊き込み。
わざとスープを残すような食べ方をして、味噌汁代わりにご飯を頂く。ウマー・・・

※ 自分は、麺をライスに乗っけて食べる「モンブラン普及推進委員」ではありません。

Dsc02526
ラーメン+サービスライスでおなか一杯。連食なので苦しかったが・・・完食。
しかし決して押し付けがましくない、リラックスした味。

店主と会話。「もう14年半やってます」と・・・実は店主、本場の名店好来ラーメン出身。
決してメジャーではない熊本ラーメン。しかもこの界隈は、某クソサイトでもわかる様にウルサ型のラヲタが多い。

「千葉のラヲタ」から高い評価を得ている。さすが本物の貫禄。大いにお勧めである。

Dsc02510

Dsc02527_2
熊本ラーメン 都来

千葉県柏市旭町3-1-10(地図)

TEL 0471-48-0688

営業時間 11:30~16:00 18:00~22:00 土日祝11:30~21:30

定休日 月曜日

席数 カウンター10席 テーブル3卓

喫煙 不可

駐車場 あり(店舗真横に2台分)

交通アクセス 国道6号を松戸から柏、我孫子方面へ走行。「旭町交番前」信号を左折。県道278号へ。約250m先、一つ目の信号角右手。

« めん処 麒麟児@千葉県流山市 | トップページ | 林屋食堂@群馬県渋川市 »

千葉のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/56928887

この記事へのトラックバック一覧です: 熊本ラーメン 都来@千葉県柏市:

« めん処 麒麟児@千葉県流山市 | トップページ | 林屋食堂@群馬県渋川市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ