« 麺 匠仁坊@栃木県鹿沼市 | トップページ | 博多長浜らーめん 楓神@埼玉県伊奈町 »

2013年4月29日 (月)

めんじゃらけ 行田店@埼玉県行田市

国道125号沿いに佇む。

Dsc03259
埼玉屈指の人気店。その支店が開業。
実は先週前を通って、花輪がならぶこちらに「うおっ」と思った。腹具合でスルー。
今回はこちらを目指す。

Dsc03237
11時50分頃・・・
駐車場に車を停めて・・・入口は横から・・・「いらっしゃいませ」の元気な声が掛かる。

Dsc03241
食券制
こちらは地鶏ラーメン研究会メンバーであろう。
定番?であろう「塩ラーメン」のボタンをポチり、店員に渡す。
「お一人様ですか?カウンターにどうぞ」と誘われた。

Dsc03243
カウンターに貼られたメニュー。なかなかワイドヴァリェーション。

Dsc03242
シックでおしゃれなニューウェーブな感じの店内。
しかし不釣合い(失礼)な感じで、比較的年齢層高め。頭の白い人や薄い人が目立つ。
スタッフは良くわからなかったがフロアは女性二人、男性一人の模様、。
丁度昼時でてんてこ舞い・・・正午を過ぎた位で着丼であった。

Dsc03246_2
塩らーめん 700円

Dsc03249
わずかに黄金色に濁るスープがうまさを期待させる。万能ネギの緑がいい配色。

Dsc03250
予想通り、あっさりではなくしっかり濃いめ。
鶏のうまみと思いきや、魚介・・・貝(ホタテ?)がじっくり主張する。そして・・・塩が冴える。

Dsc03252
麺は中細、わずかに縮れる角麺。一見何の変哲もないが・・・実は質実剛健。
かん水少なめの白っぽい麺は、かなり小麦のうまみが圧縮された感じで結構重い。
かなり腰があり食い応えを感じた。さらに長めだろうか?
スープの強さといいバランス。

Dsc03255
2枚入るチャーシュー。部位を違えて客を楽しませる。
まずはモモと思われる筋多い部分。さぞや硬いと思いきや・・・
まるでマグロのステーキの如く、筋に従いさっくりほどける。
炙りを入れ、うまみを活性化させる。

Dsc03254
もう一枚は腕あたりであろうか?
運動する部位はくにゃくにゃ噛んでいて気分がいい。脂が適度につく。

Dsc03257
メンマは浅めの味付け。箸休め、脇役に徹するが・・・物静かな主張あり。
ゆえに全体がいっそう引き立つ。

Dsc03258_2
じっくり、冷静に、冷静に・・・レンゲでスープを掬い続けて・・・丼の底まで堪能。
チャーシューに溶け込んだカエシが染み出し、醤油ラーメンになって二度おいしい。

さすが人気店の出店。かなりハイレベルな一杯であった。
12時を過ぎてはかなりの客入り。退店時は待ち客も・・・

名店の味と接客は見事。大いにお勧めである。

Dsc03236
午後3時までの営業は、食いそびれた時に心強い。

Dsc03235
めんじゃらけ 行田店

埼玉県行田市白川戸672-1(地図)

TEL 048-577-4105

営業時間 11:00~15:00 17:30~21:30

定休日 火曜日 第3水曜日

席数 カウンター8席 テーブル3卓 小上がり6卓

喫煙 不可

駐車場 あり

交通アクセス 国道17号を高崎から熊谷方面へ走行。「上之(南)」信号左折。国道125号を羽生方面へ。「谷郷」信号超えて約800m先左手。

« 麺 匠仁坊@栃木県鹿沼市 | トップページ | 博多長浜らーめん 楓神@埼玉県伊奈町 »

埼玉のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/57267702

この記事へのトラックバック一覧です: めんじゃらけ 行田店@埼玉県行田市:

« 麺 匠仁坊@栃木県鹿沼市 | トップページ | 博多長浜らーめん 楓神@埼玉県伊奈町 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ