« おおぎやラーメン 直江津店@新潟県上越市 | トップページ | 味の栄珍 2@群馬県高崎市 »

2013年4月22日 (月)

泉食堂@群馬県前橋市

産業道路沿い。前橋警察署近くに佇む。

Dsc03153
間口一間。昔ながらの食堂の佇まい。11時10分頃到着。

Dsc03155
パイプテーブル&椅子の、ガタガタ音が出るタイプがうれしい。
先客なし。最近のラーメン店にはない、老舗にしみ込んだ「食材の香り」が鼻を突く・・・
テーブルに着席。メニューを物色した。

Dsc03163
Dsc03165
Dsc03164
メニュー
ば・か・や・す・い・・・いったいいつの時代の値段だよっ!
デフォのラーメン380円。かけうどんに至っては何と250円!二杯食べてもワンコイン。
一品物も豊富。しかも子供のお小遣い価格!恐れ入りました・・・Orz
これ以外にもメニューあり。
当日は寒かった。かつ、お店の雰囲気に似合いと思われたタンメンをお願いした。

Dsc03162
スタッフは年配の、ご夫婦と思われる男女。そして妙齢の上州美人1名の三人世帯。
正直、店内は自分ひとり。それにしては時間が掛かりすぎ・・・と思ったら・・・
男性がオカモチを抱えて颯爽と出てゆく・・・出前中心のお店のようだ。しかもかなり多い。
25分程待つ。ようやく着丼であった。

Dsc03168
タンメン 450円

Dsc03170
もうもうと立ち昇る湯気にカメラのレンズが曇る・・・撮影に一苦労。
ラー油が浮き、香ばしい匂いが食欲を掻き立てる。

Dsc03172
浮き方から、仕上げに掛けられた物ではなく、具を炒める際に投入された物と思う。
ほのかなガラ感、炒められ、そして投入されたスープに溶け出した具のうまみいっぱい。
少しだけ尖る塩気がアクセント。

Dsc03175
麺はオーソドックスな中華麺。
中細のウェーブ麺は、啜るたびに「ぞぞぞぞ・・・」といい音を立てて口の中に飛び込んでくる。
軽やかな塩気、具のうまみとマッチ。

Dsc03176
具はオーソドックスなタンメンの習う。モヤシ、白菜、ニンジン、ニラ、豚コマ・・・
しかしこちら、炒められた具の、焦げた香ばしさが軽やかであった。
タンメンは、麺と具を一緒に食べる物・・・ふんだんに頂いた。

Dsc03178
正直、麺は普通のラーメン並(150g位)であろうが、トッピングのボリュームは大した物。
丼の底まで頂く。最後まで破綻なき味のチューニングに満足。

正直「安い・うまい・盛り多い」のお店。「問屋町」というオフィス街ゆえの営業体系だと思う。

お勘定がてら「ここは古いんですか?」と聞くと「40年くらいやってます」と・・・
愛されて口福を出前すること40年・・・大いにお勧めである。

Dsc03161
Dsc03154
泉食堂

群馬県前橋市問屋町2-13-15(地図)

TEL 027-251-6941

営業時間 11:00~14:00 17:00~19:30

定休日 日曜日 祝日

席数 テーブル5卓 小上がり3卓

喫煙 可(灰皿がありました)

駐車場 あり(5台ほど)

交通アクセス 国道17号を高崎から前橋方面へ走行。関越自動車道「前橋IC」を過ぎて「NHK前」信号を左折「問屋町」の次のの信号を超えて約300m先左手。

« おおぎやラーメン 直江津店@新潟県上越市 | トップページ | 味の栄珍 2@群馬県高崎市 »

群馬のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/57221213

この記事へのトラックバック一覧です: 泉食堂@群馬県前橋市:

« おおぎやラーメン 直江津店@新潟県上越市 | トップページ | 味の栄珍 2@群馬県高崎市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ