« らーめん ふくのや@埼玉県桶川市 | トップページ | お食事処 さくら@新潟県上越市 »

2013年4月15日 (月)

らーめん 笑福@長野県長野市

中部のBigcity・長野市中心部に佇む。

Dsc03074
午前1時近く。ビルの一階にぼうっと灯りが光る・・・
中は湯気で曇り見えない。一見さんお断りな雰囲気もあるが・・・意を決して入店。

Dsc03077
「いらっしゃい」・・・年配の、この道ウン十年の、店主の柔和な声に出迎えられた。
先客はアベック、女性同士など6名様。常連であろう。店主と世間話。酒も少々入る。
ヨソモノゆえ、カウンターの端に座る。

Dsc03078
メニュー
「らーめん」「みそらーめん」が基本、その派生メニューが並ぶ。
ほかに餃子やライス等の一品物。そして酒・・・典型的な、飲んだ後の〆の一杯の店だろう。
し・か・し・・・当日こちらを選んだ理由は・・・こちらにマイブームの「油そば」があるのだ。
店主に、相当する「あぶらめんください」とお願いした。

Dsc03083_2
こちらは水セルフ。汲みに行きがてら、先客の前を見る。何と4人の前にそれらしき物が・・・
こんな事が書いてあるが、あぶらめん人気か?

まず丼にタレを入れ、茹で上がった麺を投入。トッピング・・・8分ほどで到着。
「酢とラー油を入れて召し上がって下さい」と店主。

Dsc03085_2
あぶらめん 600円

麺や具が、丼の底に鎮座。

Dsc03088
奥にひたひたの黄金色のタレが見える。
混ざりやすいように細切りにされたチャーシューやメンマ。
そして青い部分が刻まれたネギが散りばめられる。

Dsc03089
麺は細縮れ。油そばでは珍しい細縮れ。おそらく他のメニュー共通。
結構モチモチシコシコ弾力あり。

Dsc03091
ぐるっとかき混ぜる。さらりとした油は植物油で軽やか。
醤油感少なく、「わずかに物足らない」優しい長野ラーメンの味わい。
デフォのままでは麺の風味や甘みを感じるほど・・・しかし・・・ちょっとパンチ不足。
店主の言葉通りの酢とラー油を掛けまわす。

Dsc03082_2
キリッとした酸味、ピリッとした辛味、香ばしい香りが出る。
よく混ざるように考え、細切りにされたチャーシューは浅めの味付け。
刻まれたメンマももプリッとした食感。竹の風味一杯。乾燥戻しか?逸品。

Dsc03093
刻まれたネギの青い部分がふんだんに乗りうまい。
油そばはリズミカルに食べられる。縮れ麺ゆえの啜る音がいい。あっという間に完食。
ジロリアンの習性、丼とコップを高台の上に上げてご馳走様。
なおも後客来店。きっと〆ラーメンのお客であろう。気さくな声を掛ける店主。

全国的にはまだまだマイナーな油そば。しかも発祥地から遠く離れた長野で・・・
しかし、常連客のみこのうまさを知る。「あぶらめん」大いにお勧めである。

Dsc03084
午前三時半まで営業。貧しい故、下道で上越まで釣りに行く自分・・・お世話になりそうだ。

Dsc03076

Dsc03094_2
らーめん 笑福

長野県長野市南千歳1-12-1 大成アビナスビル1F(地図)

TEL 026‐225-5560

営業時間 11:30~翌午前3:30

定休日 日曜日

席数 カウンター10席位。

喫煙 可

駐車場 なし(近くに30分100円ほどのコインパーキングあり)

交通アクセス 国道18号を上田から長野方面へ走行。「古戦場入口」信号を左折、県道35号を長野市街へ。犀川に掛かる「丹波島橋」を渡り「中御所北」信号右折。JR長野駅を右手に見ながら走行。「南千歳公園」信号右折。一つ目の角左手。

« らーめん ふくのや@埼玉県桶川市 | トップページ | お食事処 さくら@新潟県上越市 »

長野のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/57166441

この記事へのトラックバック一覧です: らーめん 笑福@長野県長野市:

« らーめん ふくのや@埼玉県桶川市 | トップページ | お食事処 さくら@新潟県上越市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ