« 麺魂 39@群馬県伊勢崎市 | トップページ | 山小屋@栃木県日光市 »

2013年5月17日 (金)

食事処 山いち@群馬県太田市

国道354号沿いに佇む・・・

Dsc03441
看板に「そば・うどん」と書いてあるからそちらが本業だろうが・・・
のれんに「ラーメン」と書かれているのを見逃さないのがラヲタ。飛び込んでみた。
「いらっしゃい」と太田美人に迎えられた。先客1名。テーブルに着席。

Dsc03448
テーブル&小上がりの、至って普通の街道沿いのそばうどんの店。

Dsc03445
Dsc03446
メニュー
そばうどん、ラーメン、そしてご飯物丼物定食など豊富なメニュー。
出前もやってる典型的な街の食堂。お冷を頂いたママさんにラーメンをお願いした。

Dsc03449
厨房にはママさんと、もう一人男性の姿が見えた。
10分ほどで着丼であった。

Dsc03452
ラーメン 500円

まさに店の雰囲気にぴったりの姿である。

Dsc03453
もうもうと湯気が立ち、撮影に苦労する。

Dsc03455
ほんのり濁り。油はかなり控えめなスープ。
色どおり醤油はそれほど主張せず、ダシは動物感控えめ。ほんのり昆布や野菜の甘み。
生姜が香る。

Dsc03457
麺は、おそらく自家製の幅広平打ち麺。表面が糊化、すばらしい啜り心地。
小麦の香りと甘みがぎゅっと濃縮 され、噛むと口中と鼻腔にそれが広がる。
かん水や玉子はそれほど入らない、まさに小麦本来のうまさを堪能できる。
そばうどん店なのでラーメン用小麦粉ではないかもしれない。
うどん用粉。あるいはそばのつなぎに使われる「オーション」の可能性もある。

Dsc03459
チャーシューは昔ながらのダシガラ。しかしその素朴さがいい。
噛み締めると肉のうまみが滲み出る。

Dsc03460
メンマはしゃっきりな噛み応え。

Dsc03461
青み+口直しの役割を担う水菜。伝統を継承する。

Dsc03462_3
ラーメンも「支那そば」というそばの1ジャンル。その名残であろう。
しかしラーメンが日本に来て100年以上。なるとはラーメンに欠かせない存在。

Dsc03463
食べ始めは少し物足りなかった味わいは、食べ終わる時にちょうどいいチューニング。
完飲・完食、ウマー・・・

後客も大挙。ラーメンのオーダー多し。人気か?

自分は「そばうどん屋のラーメンはうまい」が持論。
これは「ラーメンは捨てる食材から作られた食べ物」だが、そばうどんは「材料を吟味して作られた物」だと思っている。

そばうどん屋のラーメン侮りがたし。大いにお勧めである。

Dsc03443
「一人でやっています。夜はノレンを出していませんが、声を掛けて頂ければ・・・」
いたわって頂きたい。

Dsc03442
食事処 山いち

群馬県太田市世良田町1321-3(地図)

TEL 0276-52-5156

営業時間 11:30位~14:00位 夜の部 電気が点いていれば・・・

定休日 水曜日

席数 テーブル3卓 小上がり2卓

喫煙 可(灰皿が見えました)

駐車場 あり(5台位)

交通アクセス 国道354号を高崎から太田方面へ走行。「世良田」信号を超えて約400m先左手。

« 麺魂 39@群馬県伊勢崎市 | トップページ | 山小屋@栃木県日光市 »

群馬のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

山いちイイですよね。
自分も好きな店の一つです。
藤岡の栄寿軒もイイですよ!

太田にはウルサ型のラヲタがいらっしゃいますが、その方たちがスルーしたお店でしょうか?
そばうどん店でラーメンを出す店は少なくない。しかしあまり知られていません。
しかしこんな風に、皆さんに知っていただきたいラーメンです。
藤岡は素朴なラーメン屋多し。栄寿軒から遠くない「郷里(だったかな?)」にも魅かれます(^^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/57368581

この記事へのトラックバック一覧です: 食事処 山いち@群馬県太田市:

« 麺魂 39@群馬県伊勢崎市 | トップページ | 山小屋@栃木県日光市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ