« 一気通貫@長野県諏訪市 | トップページ | 一平食堂@栃木県佐野市 »

2013年5月 8日 (水)

ラーメンショップ 下仁田店@群馬県下仁田町

関東から信州に向かう、天下の国道254号沿いに佇む。

Dsc03345
日本の物流を担う「路上の紳士」トラック運ちゃんのオアシス・ラーショ。
近くの温泉に行き、丁度昼頃に到着。トラックは少なく、代わりに乗用車が・・・

Dsc03348
「いらっしゃい!」
元気な声に迎えられた。ママさん?からお冷が届く。10人程の先客・・・カウンターに着席する。

Dsc03347

Dsc03350_2
メニュー
ラーメンメニューの外、定食や一品物豊富。何でもあり。お土産のモツや「名産」こんにゃくも・・・
しかもお手ごろ価格。デフォのラーメンはワンコインを切る480円。
こりのりラーメンやカレーラーメンもある。「下仁田ラーメン」とは?
「ラーメン並み、脂多めでお願いします」とオーダー。

Dsc03349
スタッフは年配の、ご夫婦と思われる男女。そしてまじめそうな若い男性の3人体制。
店主と思われる年配の男性が軽快に湯切り。若い男性がアシスト。
手際よく、6分後に着丼であった。

Dsc03353
ラーメン(並・脂多め)480円

Dsc03354
いい感じに白濁。「脂多め」でも取っつきやすい感じ。細かな背脂や、液体油の玉が浮く。
そこに刻みネギが満遍なく浮く。ラーショの標準的ビジュアルであろう。

Dsc03356_2
スープを一啜り・・・ふわりと鼻腔を突く豚臭。そして甘辛スープ。
しかし、決して尖らない、マイルドな包容力を持つ。

Dsc03357
麺は細縮れ角断面の椿食堂系。
しかし「クタボソ」のイメージあるラーショの麺にあって、なかなかシコシコが楽しめる絶妙な茹で加減。
加えて小麦の風味も一杯。店主の技量恐るべし。

Dsc03358
チャーシューはダシを取るのに適した部分のリサイクル。
赤身は甘辛、くちゃくちゃ弾力いっぱいのスジがうまい。

Dsc03360
外食で野菜不足の運ちゃんを思いやるワカメトッピング。
ワカメは多くのミネラルやヨードを含む。思いやり一杯。

Dsc03351

Dsc03352
「お好きなように召し上がってください」
卓上には調味長が並ぶ。少しだけニンニク投入・・・味わいの変わるのを楽しむ。

Dsc03361
少しだけスープを残してご馳走様。最後まで破綻ない一杯。
一般車が多いのも「ラーショ」という安心のブランドであろう。大いにお勧めである。

Dsc03346
朝ラー可能の7時から営業。
日曜定休だが、第二・第四日曜は営業の模様。

Dsc03363
さすが!ド田舎の群馬。駐車場はだだっ広い!

Dsc03362_2
ラーメンショップ 下仁田店

群馬県甘楽郡下仁田町南野牧5870-1(地図)

TEL 0274-84-3183

営業時間 7:00~21:00 第二・第四日曜日10:30~20:00

定休日 第一・第三・第五日曜日

席数 カウンター16席 小上がり6卓

喫煙 可

駐車場 あり(大型車大歓迎)

交通アクセス 国道254号を富岡から長野県佐久方面へ走行。「中小坂」信号超えて約5km先左手。

« 一気通貫@長野県諏訪市 | トップページ | 一平食堂@栃木県佐野市 »

ラーメンショップ」カテゴリの記事

コメント

こんんばんは。

見るからに正統派ラーメンショップって感じですね。
背脂も細かいのが結構入って旨そうです。

ココ駐車場超広いっすね。

“カレーラーメン”に、“下仁田ラーメン”。
折れかけていた『群馬県ラーショ制覇』の炎が、再燃しそうです。

>>マッハロッドさん

ラーショは地域によって特徴があるように思えます。
油多めを頼むと、背脂だったり液体油だったりして・・・楽しいです(^^)

>>ランディさん

カレーラーメンは予測できますが「下仁田ラーメン」は・・・
きっとネギとこんにゃくが入っているのでしょう。期待・・・?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/57302825

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメンショップ 下仁田店@群馬県下仁田町:

« 一気通貫@長野県諏訪市 | トップページ | 一平食堂@栃木県佐野市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ