« 麺や 天鳳@長野県佐久市 | トップページ | いげたや@栃木県那須町 »

2013年6月 3日 (月)

丸信ラーメン 船引店@福島県田村市

通称「三春街道」。国道288号沿いに佇む。

Dsc03631
同名の店が福島県内、あるいは隣県に複数ある。チェーン?のれん分け?
午前9時から営業のプチ朝ラー店。10時半頃到着。
二人の若い男性店員から「いらっしゃいませ」と、明るく迎えられた。

Dsc03616_2
入って正面が厨房。それをぐるりと囲むカウンター。左に小上がり、右奥にテーブルが見える。
小上がりに先客二名。食器や容器が雑然と置かれていたが、質実剛健で却って好感。
壁には古式銃(レプリカ?)やBS銃(おもちゃの空気銃)なども飾られていた。

Dsc03615
メニュー
こだわりラーメンだろうが、意外や安めだと思う。基本であろうラーメンをお願いする。

Dsc03617
「ハイ、ラーメン頂きました」
一人がもう一人に確認のように声をかけた。餃子も人気であろう。大きなボウルにアンが一杯。
注目すべきはネギの量。かなり投入された。しかもスープ投入以前に・・・
その後からダシ、麺、トッピング・・・最後にペッパーを注意深く振り・・・10分後に着丼。

Dsc03619
ラーメン 550円

Dsc03622
丼一面、ネギネギネギネギネギ・・・
その隙間から、透き通った美しいスープがのぞく・・・

Dsc03623
透明なスープに細かな油玉が光る。温度高めは北国のラーメンの特徴。
控えめなガラ感、塩気のやさしいスープは却ってネギのさわやかさが際立つ。
しかしこのスープ。ひょっとしたら塩ラーメンと間違えたのか?

Dsc03624
麺は中太縮れ。ツルツルモチモチ感一杯の喜多方風。
浅めのスープで、麺のうまみと風味が際立つ。無心に啜りこむ。
実は、麺を持ち上げた時、奥からカエシの醤油色が湧き上がってきた。二重構造である。

Dsc03625
チャーシューは小ぶりのバラが二枚。
ほんのりカエシを含んだ赤身部分と、脂のコントラストがいい。

Dsc03627
竹の甘みをほんのり残したメンマ。シャックリな歯ざわり。

Dsc03629
食べ進むうちに、しっかり「醤油ラーメン」になる。ご安心召されよ。

Dsc03635
ここから数Km、前外務大臣・玄葉光一郎氏の実家の酒蔵「玄葉本店」がある。(経営は弟さん)。

Dsc03636
Dsc03663
その近くの分店にて「あぶくま」純米酒(2,330円)を買う。
仕込み水のよさが光る。純米酒なのにキレがあり、二日で空けてしまった。ウマー。

玄葉氏はアメリカ軍との地位協定を是正したり、李明博前韓国大統領の竹島不法上陸や、天皇陛下への謝罪発言に対して猛抗議。国際法廷に提訴をしようとしたほどの熱血漢。
前の衆議院選挙でも、元総理や閣僚が次々落選するような向かい風の中で見事当選。
アンチ民主党の人間でさえ「玄葉さんは民主党の良心」と賞賛されている。

11時を過ぎると後客大挙。会話から常連が多いらしい。みちのく美人もご出勤。
ニューウエーブに見えたが、みちのくの奥ゆかしさ一杯。大いにお勧めである。

Dsc03618
こんなのもあり。

Dsc03630
Dsc03632
丸信ラーメン 船引店

福島県田村市船引町春山字赤間田34-1(地図)

TEL 0247-82-2980

営業時間 9:00~21:00(火曜は9:00~14:00)

定休日 年中無休

席数 カウンター10席 テーブル1卓 小上がり2卓

喫煙 不可

駐車場 あり(広いです)

動画 http://alltamura.tv/marushin.html

交通アクセス 国道288号を郡山から田村市方面へ走行。「田村市」に入り、1,400m先・・・

Dsc03633
右手にこんな旗が立ってます(^^)

« 麺や 天鳳@長野県佐久市 | トップページ | いげたや@栃木県那須町 »

福島のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/57478118

この記事へのトラックバック一覧です: 丸信ラーメン 船引店@福島県田村市:

« 麺や 天鳳@長野県佐久市 | トップページ | いげたや@栃木県那須町 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ