« 仙台屋食堂@福島県小野町 | トップページ | ラーメン豚珍 砥上店@栃木県宇都宮市 »

2013年6月21日 (金)

うえんで食堂@福島県会津若松市

日光から会津に向かう国道118号。通称「会津西街道」沿いに佇む。

Dsc00108
昭和47年(1972年)創業。鄙びたこの界隈に似合いのいでたち。
時間外れの午後3時半頃到着。前客は家族連れ一組。

Dsc00087
店内は小上がりのみ。きっと近所の方がじっくり腰を落ちつけて飲み食いする店であろう。

Dsc00081
アットホームな雰囲気。スタッフは年配のおじちゃん・おばちゃんと中年の男性一人。
セルフのお冷を汲んで席に着く。

Dsc00077
メニュー
こちら、手打ちとして有名なお店だが、自動的に手打ちが出てくるわけではない。
普通の中華そばと手打ち中華そばがあり、きちんと「手打ち中華」と申告しないといけない。
自分は気づかず普通の「中華そば」を頼み、あわてて頼みなおした。手打ちは50円高。

奥からは先客のオーダーであろうやきとりの香ばしい匂いもしてくる。8分程で着丼であった。

Dsc00096
手打ち中華そば 600円

Dsc00099
何ともこの店の雰囲気にふさわしい、落ちついたラーメンではないか!
琥珀色のスープに、油がほんのわずか浮く。

Dsc00101
ほのかなガラ感、野菜の甘みが融合したさりげないスープ。醤油はアシストに徹する。
食べ手を選ばないチューニングで、作り手の人柄がわかるようなやさしさいっぱいの味。
しかししっかりコクがある。温度熱めは北国のラーメンならでは。

Dsc00103
自慢の手打ち麺は極太平打ち。ごわごわに力強く縮れる。
外にスープをまとい糊化して滑らか。中心は粉っぽく小麦の甘みいっぱい。モッチリしっかり。
メンマや箸より太いそれは、うどんライクを通り越して「すいとんライク」。大いに食べ応えあり。

Dsc00104
チャーシューは巻きバラが1枚。ダシを取られた物にほんのりカエシが染み込む。
スープの熱で融けた脂身が甘い。

Dsc00105
プリッとした歯ごたえ&竹の甘みいっぱいのメンマ。

Dsc00106
最後のほうで「ベンツマーク」のナルトで舌をリセット・・・

Dsc00107
やさしい味わいはスープまで完飲できる。ごちそうさまでした。

後客二人、メニューも見ないでオーダーしていた。おそらく常連と思われる。
インパクトは穏やか。ゆえに毎日でも食べられるラーメンだと思う。それは大事なことであろう。

すいとんライクラーメン。大いにお勧めである。

Dsc00110
「うえんで」とは、昔のこの辺りの地名「上台」が訛ったものだという。
Dsc00111
うえんで食堂

福島県会津若松市大戸町上三寄大豆13(地図)

TEL 0242-92-3253

営業時間 11;00~18:30

定休日 火曜日

席数 小上がり7卓

喫煙 不可

駐車場 あり(10台)

交通アクセス 国道118号を日光から会津若松方面へ走行。「芦ノ牧トンネル」越えて約4km先右手。

« 仙台屋食堂@福島県小野町 | トップページ | ラーメン豚珍 砥上店@栃木県宇都宮市 »

福島のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/57624870

この記事へのトラックバック一覧です: うえんで食堂@福島県会津若松市:

« 仙台屋食堂@福島県小野町 | トップページ | ラーメン豚珍 砥上店@栃木県宇都宮市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ