« ラーメン 新橋店@東京都港区 | トップページ | おおぼし 上田本店@長野県上田市 »

2013年6月28日 (金)

ラーメン二郎 環七新代田店@東京都世田谷区

環状7号沿い。井の頭線「新代田」駅付近に佇む。

Dsc03892
午後6時開店の夜のみ営業の店。6時10分頃到着。行列はないが中に人影が見えた。

Dsc03893
入店。若い店員に「いっらしゃいませ」と迎えられた。
食券制。デフォの「ラーメン」のボタンをポチる。大盛りがない?
「酒」の文字も見える。飲める二郎だ。

Dsc03896
きれいに磨かれたカウンター。先客5名で詰める必要はなかった。
セルフの水を汲み、高台の上に食券を置く。

Dsc03895_2
店員は若い男性二人体制。暑い上に厨房は蒸す。
ペットボトルのお茶を飲みながらのオペ。向こうに「二郎専用」と書かれた醤油が見える。
店主がスープ配分、麺茹で。助手がコールとトッピング担当のようだ。

Dsc03894
二郎ルールが書かれてある。
「麺少なめ」「味薄め」「油少なめ」など後から減らせない物は食券提示時に申告しよう。

7分後、助手から「ニンニク入れますか?」の問いに「ニンニクアブラでお願いします」と答える。
さっとヤサイを盛り、ニンニク、アブラをトッピング。着丼であった。

Dsc03899
ラーメン(ニンニク・アブラ) 650円

Dsc03900
底がラウンドしていない普通の丼。ヤサイは丁寧に盛られる。

Dsc03901_2
表面を覆う油の膜。その下に琥珀色の透明感あるスープが見える二重構造。
スープの色合い、ヤサイの色合いが一般的の二郎とはやや異なる感じ。
レンゲは付かない。丼の縁からスープを啜る。ほのかなガラ感。そしてカネシが尖る。
一般の二郎だと「ダシ4・カエシ6」くらいに感じるが、こちら「ダシ2・カエシ8」とカエシ強し。
しかもかなり生醤油感強く甘みも少ない。主張の強いスープ。

Dsc03904
麺はこの主張強いスープに負けない強靭なタイプ。
わずかに縮れる長方形断面の極太麺。若干半透明に見えるのは加水が多いのだろうか?
粉っぽさがなくモチモチシコシコ腰がある。切れのいいスープとの相性よくサバサバいける。

Dsc03905
ヤサイは・・・モヤシオンリーOrz
結構パリパリな茹で具合。これもスープに合っていると思う。

Dsc03903
豚は小ぶり、薄めの肩あたりであろうか?
ダシガラでパサ。スープで味付けて食べるタイプ。

Dsc03906
ニンニクはかなり細かい。茹でたのを刻んだ物らしい。マイルドな効き。

Dsc03909
麺量はおおよそ250gくらいであろうか?メリハリある味わいで軽快に完食。
ただ、最初はそうでもなかったが、最後にはかなり醤油の塩気を感じた。
危険なので少々多くスープを残して箸を置く。

数ある二郎の中でも、ひときわ異彩を放つこちらのラーメン。
それゆえ、ジロリアンから賛否両論あると思われる。
しかしこの「カエシガツン」の味わいはこの店だけである。「二郎ブラック」と呼ぶべきか?

ストレートな刺激がクセになりそう。大いにお勧めである。

Dsc03908_3
こちらの名物「かつおぶし」。醤油の立ったこのスープに合うかもしれない。

Dsc03910
Dsc03885
Dsc03886
ラーメン二郎 環七新代田店

東京都世田谷区代田5-29-5(地図)

TEL 不明

営業時間 18:00~23:00

定休日 日曜日 木曜日 祝日

席数 カウンター12席

喫煙 不可

レンゲ なし

駐車場 なし

交通アクセス 京王井の頭線「新代田」駅下車。そのまま左手に進み約40m先左手。

 

« ラーメン 新橋店@東京都港区 | トップページ | おおぼし 上田本店@長野県上田市 »

ラーメン二郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/57665062

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメン二郎 環七新代田店@東京都世田谷区:

« ラーメン 新橋店@東京都港区 | トップページ | おおぼし 上田本店@長野県上田市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ