« たんぽぽ亭@福島県喜多方市 | トップページ | ジャンプ@埼玉県春日部市 »

2013年7月31日 (水)

はせ川@福島県喜多方市

喜多方の街外れの住宅地に佇む。

Dsc01391
煮干の効いたスープで評判の店である。開店直後の11時ちょっと過ぎに到着。
すでに駐車場は満杯に近かった。

Dsc01411
入店。店主であろう年配の男性に、一人であることを告げると、小上がりに通された。
開店直後にこの客入り!開店前は行列だと思われる。喜多方美人が注文取り。

Dsc01414
メニュー
通常はこちらのメニューだが・・・

Dsc01415
実はこちら、日曜日のみ「黒はせ川」という店名で通常とコンセプトを変えたラーメンを出す。
いわゆる二毛作営業、曜日替わり営業。最近のラーメン店で時々見かける営業形態である。
当日は日曜日で「黒はせ川」の日。上の通常メニューと違いつけめん、まぜ麺がある。
季節がら、つけめんを試してみる。喜多方美人に「多加水つけ麺・しお」を「冷や盛」でお願い。
麺の量を聞かれたので大盛り(340g。普通~大盛りまで同価格)を申告する。

Dsc01409
スタッフは男性3人、喜多方美人3人の大所帯。店内には煮干の甘い香りが漂う。
どっと押し寄せた客で、厨房はまるで戦場の様。15分位で着丼であった。

Dsc01416
多加水つけ麺(塩・冷や盛・大盛り) 700円

Dsc01418
麺の表面がつややかに光り、啜り心地の滑らかさを期待させる。
刻みノリがパラリ。茶色いのは揚げねぎ。

Dsc01419
漬け汁は煮干風味はほんのり効く。鶏のうまみがマイルドに響く。
油は少なめでシャバめ。心なしか塩味が強め。

Dsc01426
では頂きます・・・ざばっ!ずるずるずる・・・
縮れ中太麺に汁が絡んで口の中に飛び込んでくる。つるつる、そして多加水ゆえのモッチモチ。
汁だけではしょっぱいが、麺と一緒では絶妙なバランス。冷や盛はのど越し清涼感いっぱい。
小麦と煮干と会津地鶏のうまさが渾然一体となって思わず口の中がパラダイス。

Dsc01425
Dsc01424
漬け汁に仕込まれた刻みチャーシューとメンマ。麺と一緒に挟んで頂いた。
途中で薬味について来たワサビ、ゆず胡椒を投入。

麺を持ち上げる・汁に漬ける・啜る。麺を持ち上げる・汁に漬ける・啜る・・・の単純作業を繰り返す。
あっという間に麺はなくなる。

Dsc01428
配膳時に提供されたスープ割。残った漬け汁に投入、ぐぐ~と飲み干す。
塩気と煮干が引っ込んで、鶏ダシのうまみが前面に出る。ほんのりゆずの香り。

Dsc01429
麺量340gはつけめんの食べやすさゆえか?茹で後の麺量か?は不明。
あっという間に食べきって余裕あり。男性でも女性でも、遠慮なく大盛りをお願いしよう。

正直、ほとんどの方がラーメン。つけめんは自分くらいだった。まだ「喜多方=ラーメン」のイメージなのであろうか?
店主は「ラーメンだけでなく、つけ麺やまぜ麺も楽しんで欲しい」という思いらしい。
そしてこれが喜多方ラーメンの一形態であることは、使っている素材や麺が、喜多方ラーメンと同じものであることでもわかる。

喜多方麺がこんなにつけめんに合うとは!喜多方つけめん。大いにお勧めである。

Dsc01430
退店・・・うおっ!この混み方は何だよっ!
この界隈に観光スポットはない。みんなこの店が目当てなのだ。恐るべし・・・

Dsc01394
はせ川

福島県喜多方市大荒井6(地図)

TEL 0241-24-5180

営業時間 11:00~15:00

定休日 なし(月~土は『はせ川』。日曜は『黒はせ川』として営業)

席数 テーブル6卓 小上がり4卓

喫煙 不可

駐車場 あり(10台くらい)

交通アクセス 喜多方駅を背にして8つ目(1,700m)の国道459号と交差する信号を左折、三つ目の信号(700m先。右手にセブンイレブン)の信号を左折。2つ目の信号を右折。約600m先の2棟並ぶ団地を過ぎた路地を左折。約30m先右手。 

« たんぽぽ亭@福島県喜多方市 | トップページ | ジャンプ@埼玉県春日部市 »

福島のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/57868611

この記事へのトラックバック一覧です: はせ川@福島県喜多方市:

« たんぽぽ亭@福島県喜多方市 | トップページ | ジャンプ@埼玉県春日部市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ