« おおぼし 上田本店@長野県上田市 | トップページ | ラーメン 希@群馬県みどり市 »

2013年7月 3日 (水)

中華 めんきち@新潟県長岡市

国道8号からちょっと入った、閑静な住宅街に佇む。

P1000063
背脂ちゃっちゃの、いわゆる燕系(燕三条系と一括りするのは間違いらしい)のお店。
落ちついた感じの、住居兼店舗の建物。午後1時ころ到着。駐車場に車を滑り込ませた。

P1000070
「いらっしゃいませ」複数の黄色い声に迎えられた。
カウンターやテーブル。小上がりもありくつろげる。家族連れも多いようだ。
一人である事を告げると、長岡美人にカウンターに通される。セルフの水を汲んで着席。

P1000069
メニュー
餃子やチャーハンと、ラーメンとあわせて「中華三種の神器」がそろう。
餃子も人気らしく、セットの3個餃子を食べている方が多かった。
中華そばをお願いしようとしたが・・・ふと見るチャーシューメンが+150円。
加えて「脂多めできますか?」と聞くと快諾。お願いした。

スタッフは妙齢の長岡美人4人。若い男性一人の構成。かなり忙しそうで皆かいがいしく動く。
10分ほどで「熱いのでお気をつけください」の声と共に着丼であった。本当に・・・熱い!

P1000072
チャーシューメン(脂多め) 750円

P1000074
背脂びっしりの、淡い感じの表面に刻みねぎの白と緑が映える。
なかなかの脂っぷり。新潟の雪景色の如く見事な風景。

P1000075
どろどろ~とレンゲに流れ込むスープ。丁寧な処理の背脂はふわりとした雪のような感触。
そしてその向うには透き通った琥珀色の熱いスープが・・・
軽快な豚ガラや鶏ガラのコク深い味わい。そして煮干のさわやかな甘みが少し主張。
なんとなく喜多方ラーメンにも似る感じ。

P1000077
麺は極太の、ほんの少しウェーブする角麺。つるつるモチモチうどんライク。
しっかり小麦のうまみを堪能する。脂のせいもあろうが啜り心地滑らか。さばさばいける。
ねぎは青いところと白いところをうまくバランスさせている。「ねぎ多め」もいいかも?

P1000078
チャーシューはバラロールが6枚。外側にカエシをまとい、赤身と脂が分離するほどホロトロ。
熱いスープのおかげで脂がトロトロに溶ける。ウマー・・・

P1000079
やさしく、竹の甘みいっぱいのメンマ。さっくり柔らか。

P1000080
健康診断で悪い結果が出たので、少しだけスープを残す(残したうちに入らんか)。

女性の作るラーメンは、なぜか安らぐ「おふくろの味」がすると思うのは自分だけだろうか?
全く尖ったところがなくさりげない。そして安らぎがある・・・

お勘定時「杭州飯店と関係があるんですか?」と名店の名を出してみると・・・
「先代の主人が働いていました。私はそこでパートでいました」と長岡美人(ママさん?)。

調べてみるとこちら、先代の店主が急逝、閉店を考えたものの、常連客の強い要望でママさんが店を継続させたという。

根強いファンを持つこちら。しかしこの味ならそれも納得であろう。大いにお勧めである。

P1000062
駐車場は広い。日曜休みがハードル高し。

P1000064
中華 めんきち

新潟県長岡市蓮潟3-13-11(地図)

TEL 0258-28-1482

営業時間 11:00~14:00 17:00~21:00

定休日 日曜日

席数 カウンター8席 テーブル2卓 小上がり6卓

喫煙 灰皿があるも「禁煙にご協力ください」の貼り紙あり

駐車場 あり

交通アクセス 国道8号を柏崎から新潟方面へ走行。「寺島」信号左折。一つ目の信号右折。約1km先の信号の次の路地(サークルKの向こう側)を左折。約50m先、右カーブした右手。

« おおぼし 上田本店@長野県上田市 | トップページ | ラーメン 希@群馬県みどり市 »

新潟のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/57712906

この記事へのトラックバック一覧です: 中華 めんきち@新潟県長岡市:

« おおぼし 上田本店@長野県上田市 | トップページ | ラーメン 希@群馬県みどり市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ