« ラーメンなおじ 2@群馬県高崎市 | トップページ | いずみ食堂@群馬県高崎市 »

2013年7月24日 (水)

らーめんダイニング 庵@群馬県中之条町

四万・沢渡温泉に向かう国道353号沿いに佇む。

Dsc01304
12時頃到着。昔の宿屋風の建物は当時物か?いい雰囲気である。

Dsc01307
先客なし。一番乗りである。店の若い人に「いらっしゃい」と迎えられた。
たくさんの一升瓶が置いてある。テーブルに腰を下ろした。

Dsc01308
メニュー
基本は塩・醤油・味噌の三種類だが・・・

Dsc01309
Dsc01326
壁に目をやると・・・限定メニューや季節メニューもある。
冷たい「冷し梅塩とりそば」をお願いした。

Dsc01311
まじめそうな感じの男性。手さばきも派手さはないが着実だ。
結構手が動いているところを見ると手がかかっているようだ。10分位で着丼である。

Dsc01312
冷し梅塩とりそば 750円

Dsc01315
やきもの風の浅い丼がいい。冷し中華のような派手さはなく落ち着いたたたずまい。
スープはひたひた。氷が入る。

Dsc01317
スープを頂く。鶏はあまり感じず、梅の甘酸っぱさが主張。それを昆布などの和風がサポート。
冷し中華の酢のようにつんつんしない。これは梅(うめ)ぇ~

Dsc01320
麺は細め。冷水に〆られてこりこり。サバサバ啜りこむ。喉越しひんやり。
甘酸っぱい汁と小麦のうまみに、すりゴマや刻みのりが絡んで香ばしい。

Dsc01321
チャーシューは巻きバラ。しっかりカエシに漬けられ、ともすればしょっぱめ。
炙られたカエシが濃厚なうまみ。

Dsc01322
乾燥戻しだろうか?太めなれど柔らかなメンマはやんわりと味付けされていた。

Dsc01323
キュウリは地場産だろうか?いがらっぽさなく水分いっぱい。

Dsc01324
最後の方で頂いた。クエン酸補給。夏バテ防止、疲労回復。

Dsc01325
かつては冷たいラーメンといえば冷し中華しかなかったが、昨今のラーメンの進歩は目を見張るばかりである。しかも日本有数の暑さの群馬ともなればなおさらである。
夏場はどうしてもそばうどん屋に客を取られるラーメン屋。それゆえ各店創意工夫・・・

正直、下に降りて来て欲しいお店。冷し梅塩とりそば、大いにお勧めである。

Dsc01327
Dsc01305
らーめんダイニング 庵

群馬県吾妻郡中之条町折田2198-1(地図)

TEL 未確認

営業時間 11:30~14:00 17:30~22:00(スープ切れ終了)

定休日 月曜日 

席数 テーブル2卓 小上がり3卓

喫煙 不可

駐車場 あり(5台位)

交通アクセス 国道353号を渋川から中之条・草津方面へ走行。「松見橋」信号を右手へ。4つ目の「伊勢町上」信号を右手へ。2つ目の「上之町」信号を右手へ。約4,900m先「折田トンネル」越えてすぐ右手。

« ラーメンなおじ 2@群馬県高崎市 | トップページ | いずみ食堂@群馬県高崎市 »

群馬のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/57831437

この記事へのトラックバック一覧です: らーめんダイニング 庵@群馬県中之条町:

« ラーメンなおじ 2@群馬県高崎市 | トップページ | いずみ食堂@群馬県高崎市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ