« ラーメン二郎 環七新代田店@東京都世田谷区 | トップページ | 中華 めんきち@新潟県長岡市 »

2013年7月 1日 (月)

おおぼし 上田本店@長野県上田市

国道18号「上田バイパス」と、浅間サンラインが交わるあたりに佇む。

P1000028
信州ラーメン四天王の一人、三森大祐氏が営むお店。
以前は上田バイパス沿いにあったが移転した。暗闇にぼうっと光る。

P1000039
9時半頃到着。「いらっしゃいませ」と、数人の若い店員に明るく迎えられた。
信州の人は早寝?とんでもない。この時間で9割ほどの客入りは見事。
店内は白と黒基調の配色でシック。ジャズの有線が流れなかなかおしゃれ。
客層は若い方が多い。アベックも・・・

P1000041_2
P1000040_2
メニュー
こちらの売りは「ばりこて」。こってりラーメンである。
つけめんや普通の中華そば、油そば。餃子などサイドメニュー豊富。
四天王まとめ役?あってりめんこうじ店主・小路五郎氏の「伝説のカレー」も・・・
店員は男性三名、上田美人二名の体制。忙しそうだ。

イケメン店員に「ばりこて白。脂多めできますか?」と問う。
店員快諾。お願いした。ちょっと時間が掛かって15分後、着丼であった。

P1000042
ばりこて白(脂多め) 690円(税込724円)

P1000045
なかなかいいゲ○ッぷりではないか!群馬県人の自分は大感動(^^)

P1000046_2
「環七ラーメン」「巣鴨ラーメン」など、東京とんこつを彷彿させる姿。
口に含むととろとろの背脂の口当たり滑らか。しかし臭みは感じない。処理が丁寧な証拠。
背脂のおかげで味わいはマイルド。普通アブラーメンは塩気が強調されるきらいがあるが・・・
信州ラーメンの「ダシがカエシをサポート」する定石どおりの割合。ダシのうまみが勝る。
緻密に乳化したスープはコーンポタージュのような甘みあり。
豊かで柔らかい味わいが口の中に広がる。わずかに胡椒の風味。

P1000053
麺は極太の角の取れた角麺。緩やかにウェーブする。
この脂っぽいスープに負けない存在。加水多めでモチモチ。啜るのが楽しい。
これだけ太いと小麦の風味と甘みを存分に楽しめる。バランスもいい。

P1000048
チャーシューはちょっと厚めのバラ。黒胡椒がまぶる。
外側にカエシが塗られ、そして炙られる。醤油の焦げた匂いが香ばしい。
そしてバラバラになるほどホロトロ。うまい。

P1000052
煮玉子。黄身は半熟でトロトロ。
P1000055
柔らかく、ちょっとだけ甘みを強めに味付けたメンマ。
刻みネギが舌をリフレッシュさせる。さらに・・・

P1000033
P1000037
おおぼし名物・キャベツバー。セルフでおかわり自由。

P1000056
実は、健康診断の結果がかなり悪かったが・・・スープまで完飲。

2006年、三森氏は働いていたこちら(当時は大星亭)を買い取る形で店主に。
最初はなかな評判を得られなかったが、ラーメンイベントに参加、周りに刺激されて研鑽・改良を重ね「信州ラーメン四天王」の評価を得るまでに至る。

「まだまだ進化の途中」とのことだが、更なる発展を期待。大いにお勧めである。

P1000057
こんな気遣い。女性に人気なのもうなづける。

P1000058
P1000029
P1000061
おおぼし 上田本店

長野県上田市住吉102-3(地図)

TEL 0268-26-2690

営業時間 11:30~15:00 17:30~22:30

定休日 なし

席数 カウンター6席 カウンターテーブル8席 テーブル2卓 小上がり3卓

喫煙 不可

駐車場 あり(40台)

ホームページ http://www.ooboshi.net/index.php

交通アクセス 浅間サンラインを小諸から上田方面へ走行。国道18号「上田バイパス」と交差する「住吉南」信号を超えて約200m先右手。

« ラーメン二郎 環七新代田店@東京都世田谷区 | トップページ | 中華 めんきち@新潟県長岡市 »

長野のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/57698658

この記事へのトラックバック一覧です: おおぼし 上田本店@長野県上田市:

« ラーメン二郎 環七新代田店@東京都世田谷区 | トップページ | 中華 めんきち@新潟県長岡市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ