« みゆき食堂@新潟県上越市 | トップページ | 藤美屋@群馬県藤岡市 »

2013年9月27日 (金)

ガッツリ食堂 ドカメン@新潟県柏崎市

国道252号沿い。柏崎IC付近に佇む。

Dsc02184_2
元は人気ラーメン店らーめん処 潤だったらしいが新たなコンセプトでリニューアル。

Dsc02169
午後3時頃入店。中途半端な時間でも結構お客は多い。
「いっらしゃいませ」の若い男女の声に迎えられた。「食券をどうぞ」と券売機を示された。

Dsc02168
ラーメン二郎インスパイアメニューがあるという。小豚ラーメンがそれ。
ボタンをプッシュ。笑顔が素敵な越後美人(ホントだぞ)に食券を手渡す。
「無料で大盛りにできますが?」と問われた。普通で200g、大盛りで300gとの事。
普通でお願いした。ニンニクを問われたのでお願い。
アブラを確認すると壁の貼紙を示し「中油、大油、鬼油とあります」と・・・鬼油でお願いした。

Dsc02170
カウンターに着席。スタッフは男性二人、女性二人。いずれも若い。
社員教育はしっかりしている模様で、厨房の男性の表情は真剣そのもの。
6分後、前客のラーメンより、かなり多めに油が振られた丼が自分の前に置かれた。

Dsc02174
小豚ラーメン(麺ふつう・ニンニクあり・鬼油) 680円

Dsc02176
うおっ、丼が油まみれ。
ヤサイの山は盛り上がるが、丼自体普通サイズなのでボリュームはそこそこ。
油のせいでヤサイがよく見えない。頂上にカラメが掛かる。

Dsc02177
ド乳化なのか油なのかなんだかわからない、危険そうなスープ。ジャンク感いっぱい。

Dsc02178
乳化、油過多のこのスープ。クリーミーという上品な表現は似合わない。ドロドロ。
それでは・・・濃厚な醤油のカエシ。ニンニク、油、豚の香りが渾然となったインパクトある味わい。

Dsc02181
自社製麺の太麺。ゴワッと固めで粉感いっぱい。主張あるスープ、このくらいのボディは必要。
口の周りを油だらけにしながらワシワシほおばる。小麦と醤油のうまさが口の中で混ざる。

Dsc02180
ヤサイはモヤシとキャベツが8:2くらい。茹で具合はシャッキリ。
頂上付近にニンニク。かなり辛い。

Dsc02179
豚は小ぶりの腕あたり。炙りが入るようで表面硬め。噛むとカエシのうまみが滲み出す。
これが3枚入る。

Dsc02182
カウンター上に油を振りまきながら頂いた。少々スープを残す。

正直、マニアが自作するようなヘビーさがあり、端麗な柏崎のラーメンの中では異色。
しかしこの手のラーメン、少々毒があるほうがいい。中毒患者も多いと思う。

ワイルド、かなり思い切ったラーメン。大いにお勧めである。

※ しかしニンニク効きすぎ。高崎に帰っても家族に「うわ、ニンニク臭い」と言われた。
仕事中、あるいはアベックには大いにお勧めしない。自己責任で・・・

Dsc02167
街道沿いでフリー客は多いと思う。中休みなしはありがたい。

Dsc02185
ガッツリ食堂 ドカメン

新潟県柏崎市三和町9-59(地図)

TEL 0257-32-1523

営業時間 11:00~23:00

定休日 なし

席数 カウンター6席 テーブル4卓 小上がり3卓

喫煙 分煙、時間禁煙(カウンター終日禁煙。平日11:00~14:00 土日祝11:00~15:00禁煙)

駐車場 あり(16台)

交通アクセス  国道8号を上越から長岡方面へ走行。「日吉町」信号を右折、国道252号を柏崎IC方面へ。「三和町」信号越えて約250m先左手。

« みゆき食堂@新潟県上越市 | トップページ | 藤美屋@群馬県藤岡市 »

新潟のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/58259125

この記事へのトラックバック一覧です: ガッツリ食堂 ドカメン@新潟県柏崎市:

« みゆき食堂@新潟県上越市 | トップページ | 藤美屋@群馬県藤岡市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ