« みよし食堂@群馬県富岡市 | トップページ | 十念の庵@福島県下郷町 »

2013年9月19日 (木)

中華そば 田中屋@福島県会津若松市

城下町の面影残る、狭い路地に佇む。

Dsc01940
12時頃。江戸時代の居酒屋のような雰囲気に思わず飛び込んでしまった。

Dsc01963
「いらっしゃい」
年配のご夫婦らしい男女に迎えられた。先客は二組4名。カウンターに着席した。
木造の木目を生かした内装。テーブルもコーディネートされた物か?マッチしている。

Dsc01941
メニュー
うおっ!ワンコイン以下で安いではないか!
手書きの短冊がいい。醤油と味噌の二本立て。中華そばをお願いした。

Dsc01960
寡黙だが温和な感じの店主。対照的に饒舌な会津美人のおばちゃん。
「あんちゃん、どっから来たの?」
「高崎です」
「高崎って観音さまの?」
なかなか有名だぜ。高崎観音(^^)
ゆっくりながら着実な感じのオペ。7分後、おばちゃんから「食ってくんなし。オラんちのラーメン」と着丼。

Dsc01949
中華そば 490円

Dsc01951
油がそこそこ浮く。落ち着いた醤油色に心が和む。

Dsc01953
しっかりした柔らかな豚感のスープ。相違して控えめなカエシはややもすると弱め。
しかし味を探しながらじっくりと味わおうとし、レンゲを重ねるごとに味が重なるタイプ。
温度はしっかり熱め。

Dsc01955
会津・喜多方地方のラーメンでは定番の中太の縮れ麺。
控えめなスープでは却って存在感あり。モチモチな食感と、ぎゅっと詰まった小麦のうまさが引き立つ。

Dsc01956
「これで490円ですか?」の大きなバラロール。
ほんのり染み込んだカエシが、噛むと肉汁と一緒に口の中に染み出してくる。
脂の部分がスープの熱でトロトロ。これが2枚載る。

Dsc01957
メンマは浅めの味付け。さっくり歯ごたえよし。

Dsc01961
アットホームな雰囲気。お店の人の温かさを感じた。じっくりじっくり味わう。

店主はサラリーマンを定年退職した後、自己流でこちらを開業、以来20年以上になるという。
決して派手ではないが、いぶし銀のような落ち着いた深みある味。
隠れ家のようなこちらで頂くにふさわしい一杯。大いにお勧めである。

Dsc01962
うおっ!大崎裕史氏も来店。さすが達人、選ぶ店が違う。

Dsc01939
Dsc01938
中華そば 田中屋

福島県会津若松市馬場町4-41(地図)

TEL 0242-22-2908

営業時間 11:00~15:00

定休日 不定休

席数 カウンター5席 テーブル1卓

喫煙 可

駐車場 あり(店裏2台くらい)

交通アクセス 国道118号を南会津から会津若松方面へ。会津若松市街に入り「税務署入口」信号から約1,200m先、左に「福島銀行」のある信号を右折。二つ目の信号を右折。一つ目の信号先すぐ右手(一方通行、進入禁止が多いので気をつけてください)。

« みよし食堂@群馬県富岡市 | トップページ | 十念の庵@福島県下郷町 »

福島のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/58180594

この記事へのトラックバック一覧です: 中華そば 田中屋@福島県会津若松市:

« みよし食堂@群馬県富岡市 | トップページ | 十念の庵@福島県下郷町 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ