« 食事処 まいづる@山形県米沢市 | トップページ | 宝夢蘭@福島県喜多方市 »

2013年9月11日 (水)

桜井食堂@福島県喜多方市

喜多方駅前近くに佇む。

Dsc01905
蔵を模した三階建ての大きなお店。朝8時からの営業で朝ラー可能。

Dsc01887
8時半頃到着。整然と並んだテーブルはよく手入れされ清々しい。
テーブルに着席。年配の喜多方美人に「いらっしゃい」とお冷を提供された。

Dsc01885
Dsc01886
メニュー
駅前の食堂らしく、ラーメンだけでなくご飯物、定食もあり。ラーメンセットも。
「蔵ラーメン」はいろいろな物が載ったデラックスラーメンであろう。
しかし自分はデフォの支那そばをお願いした。

Dsc01891
喜多方ラーメン店でよく見る色紙の数々。ラーメン党の林家木久蔵(現・木久翁)師匠の物も・・・
10分ほどで「お待たせしました~」と着丼であった。

Dsc01893
支那そば 550円

Dsc01895
朝から目の覚めるような黄金色のスープ。ネギの白と青が映える。

Dsc01896
小粒の油が光る。結構な豚・鶏のガラ感いっぱい。醤油が控えめにアシスト。
ほんのり甘めのわかりやすい軽快な味。スープ温度高めは雪国ならではの措置。

Dsc01898_2
定番の中太多加水縮れ「喜多方麺」。いつ食べてもモチモチのうれしい食感。
やさしい感じのスープがよく絡む。バランスよくお互いの味を引き立てあう。

Dsc01901
チャーシューは肩あたりか?強い味付けではなく、ダシ用煮豚をカエシに漬けた感じ。
やわらかい中シコッとした弾力があり、噛むとうまみが滲む。これが2枚載る。

Dsc01902
そこそこな味つけのメンマ。しゃっくり柔め。いい箸休め。

Dsc01903
そして・・・紅一点的なナルト。

Dsc01904_2
麺量は150g位と平均的なところ。空きっ腹だったのでサバサバ行く。完食。

全体的にそつのない仕上がり。万人受けするラーメンであった。
駅前という立地は、特定のラヲタを相手にする専門店と違い、不特定多数の客を相手にする関係上、誰が食べても文句が出ない味でなければならない。
ラヲタはバカにするだろうが「万人受けの味」というのはなかなか難しいのだ。

ラーメンや観光でなく喜多方に訪れる人も多いと思う。
早朝の喜多方駅に降り「さて朝食はどこにすんべ~かな?」と思った時、こちらは間違いない味で温かく迎えてくれる。大いにお勧めである。

Dsc01884
もちろん観光の団体さんもOK

Dsc01889
おみやげラーメンもあります。

Dsc01883
Dsc01881
桜井食堂

福島県喜多方市町田8279-1(地図)

TEL 0241-22-0615

営業時間 8:00~19:00

定休日 不定休

席数 テーブル5卓 小上がり2卓 二階席90席

喫煙 可

駐車場 あり

交通アクセス JR磐越西線「喜多方駅」を背にして・・・

P1000021
約100m先左手(銀の車があるちょっと先あたり)です(^^)

« 食事処 まいづる@山形県米沢市 | トップページ | 宝夢蘭@福島県喜多方市 »

福島のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/58160525

この記事へのトラックバック一覧です: 桜井食堂@福島県喜多方市:

« 食事処 まいづる@山形県米沢市 | トップページ | 宝夢蘭@福島県喜多方市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ