« 大三元@福島県喜多方市 | トップページ | 来来亭 上田店@長野県上田市 »

2013年9月24日 (火)

くるくる軒@福島県喜多方市

市役所近くの路地に佇む。

Dsc02079
派手な黄色い看板の下には昔ながらの建物。喜多方の街にふさわしい姿である。
ピークの12時半頃到着。混んでいたら嫌だなぁと思いながら入店。

Dsc02085_2
「いらっしゃいませ」と、複数の声に迎えられた。
テーブル、小上がりは家族連れやアベックでいっぱい。しかしカウンターに空席あり。着席。
かわいい喜多方美人(ホントだぞ)からお冷が届く。

Dsc02089_2
Dsc02087
Dsc02088

Dsc02093_3
メニュー
醤油、塩、味噌の三系統がメイン。それにチャーハンなど。ざるラーメンや坦々麺なども。

Dsc02086
さらに、お好みに合わせて調整可能。チャーシューメンを「こってり」でお願いした。
スタッフは男性一人、女性三人ほど。やっぱりこういう食堂の女性はエプロンにスカーフが似合う。
8分ほどで、先ほどのかわいい喜多方美人から配膳された。

Dsc02103
チャーシューメン(こってり) 750円

Dsc02106
ほれほれ、なかなかいい脂っぷりである。脳汁出まくり。

Dsc02107
細かい脂の向こうに、喜多方ラーメンのイメージどおりの黄金色が透けて見える。
ふわりと香る煮干の香りが印象的。香りどおりの甘みあるスープ。背脂がマイルドさを醸す。
動物感控えめ。醤油感控えめのやさしい味わい。温度高めはこれからの時期うれしいだろう。

Dsc02108
太さは若干細めなれど、そのすばらしい食感に変わりはない喜多方麺。
むしろ控えめなスープにあえて組み合わせたんだと思う。スープと背脂が絡む。

Dsc02111
チャーシューはバラ。赤身に甘辛のカエシが染み込み、噛むと肉汁と共ににじみ出る。
熱いスープで脂が融けてトロトロに・・・これが7,8枚載る。

Dsc02110
オーソドックスながら、浅めの味付けのメンマ。

Dsc02112
当日は台風。小雨であったが・・・少し肌寒い気温であった。一口一口じっくり頂く。

喜多方ラーメンの魅力。それはアットホームな雰囲気ではないだろうか?
長旅のに疲れた所を温かく迎えてくれるお店とラーメン。心と体が癒される。
「観光客相手の町おこしラーメン」と言われながらも、その人気は一向に衰えない。

みちのくの秋・・・これからが喜多方ラーメンのうまい季節。大いにお勧めである。

Dsc02101
傍らにあった地元紙。やはり原発事故の事がメイン。一日も早い復興を願う。

Dsc02083
Dsc02082
くるくる軒

福島県喜多方市字御清水南7364-2(地図)

TEL 0241-22-3896

営業時間 11:00~15:00 17:00~20:00(12月~2月の夜の部17:00~19:00)

定休日 月曜日

席数 カウンター4席 テーブル6卓 小上がり5卓

喫煙 可

駐車場 あり

交通アクセス 国道121号を会津若松より喜多方方面へ走行。旧道を市街地方面へ。県道210号と交差する信号を左折、川を渡り歩道橋のある信号を右折、約150m先左手。

« 大三元@福島県喜多方市 | トップページ | 来来亭 上田店@長野県上田市 »

福島のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/58220447

この記事へのトラックバック一覧です: くるくる軒@福島県喜多方市:

« 大三元@福島県喜多方市 | トップページ | 来来亭 上田店@長野県上田市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ