« 上州ラーメン 司@群馬県安中市 | トップページ | ラーメンこうへい@福島県喜多方市 »

2013年10月30日 (水)

あじ庵食堂 2@福島県喜多方市

台風で雨の中、朝ラーに出かけて見る。

Dsc02692
細い路地沿いに佇む。朝7時半頃到着。先客の姿が見えた。

Dsc02694
「いらっしゃいませ」
若い店主とママさん。そして小さな店員さんに迎えられた。
適度に狭い店内は屋台風。こういう雰囲気もいい。カウンターに着席した。

Dsc02693
メニュー
味は醤油・塩・味噌。スープの形態はゴールデン系・チャッチャ系・ガッツ系とあり、喜多方にニューウェーブの風を送り込んでいる。
前回は基本の「ゴールデン系・醤油」を頂いた。今回は「チャッチャ系・塩」をお願い。
加えて「脂多めを付け足す。いつもながらの丁寧・着実なオペ・・・6分後に着丼であった。

Dsc02697
チャッチャ系・塩(脂多め) 650円

Dsc02698
「脂多め」ではラードが増量の模様。ラード層の向こうには濁ったスープが見える二重構造。
ふーっと吹くと、薄っすらコラーゲンが幕を張る。

Dsc02699_2
しっかりした豚ガラのうまみ濃いスープ。
じっくり低温で煮出したものであろう。ちょっと家系のような豊かな味わい。
脂のせいでもあろうが、塩気は尖らず。温度熱めは北国ラーメンの味わいの一つ。

Dsc02700
麺は喜多方の掟どおりの平打ち中太麺。縮れにスープがよく絡む。
シコシコモチモチ。啜ると「ずぞおおお・・・」といういい音がする。

Dsc02701
チャーシューは大き目のバラが載る。甘辛コクのあるカエシがしっかり染みこみうまい。
少々冷たいが、丼の底に沈めて温めると脂がいい具合にとろけてホロホロになる。
これが二枚。

Dsc02702
細めに切られたメンマはカリッとした心地よい歯応え。
麺と一緒に挟んでいただくと「モチモチ」と「カリカリ」が混ざって楽しめる。

Dsc02703
刻みネギは白い部分が多めに載り、シャクシャクと後口さっぱり。
最近あまりなくなったガラ感たっぷりのスープを丼の底まで味わう。

安易に流行に乗ったニューウェーブでなく、喜多方ラーメンの正常進化と言うべき作品。
21世紀の喜多方ラーメン。大いにお勧めである。

Dsc02706
土曜の早朝の喜多方メインストリート。車も少なく清々しい・・・

Dsc02704

あじ庵食堂

福島県喜多方市二丁目4650(地図)

TEL 0241-23-6161

営業時間 7:00~19:00(12~3月7:00~15:00)

定休日 不定休

席数 カウンター7席 テーブル(二人掛け)3卓

喫煙 不明

駐車場 なし

交通アクセス JR喜多方駅を背にして二つ目(駅前の信号は含まず)の信号を右折。次の信号を左折。約350m先の横断歩道(左手にあいづしんくみ、COOP)のある路地「マーケット通り」を右折すると・・・(車では入れません)

Dsc02705
こんな立て看板が見えます(^^)

« 上州ラーメン 司@群馬県安中市 | トップページ | ラーメンこうへい@福島県喜多方市 »

福島のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/58468002

この記事へのトラックバック一覧です: あじ庵食堂 2@福島県喜多方市:

« 上州ラーメン 司@群馬県安中市 | トップページ | ラーメンこうへい@福島県喜多方市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ