« 継承 あっ晴れ 関店@岐阜県関市 | トップページ | らーめん一平 喜多方本店 2@福島県喜多方市 »

2013年10月18日 (金)

麺屋 寅一郎 2@群馬県高崎市

県道10号「前橋・安中線」沿いに佇む。

Dsc02552_2
群馬の美人ブロガーの記事でまぜそばが出来たのを知る。三連休最後の昼時に伺った。

Dsc02554
「いらっしゃませ」の元気な声がかかる。先客は3組5人。カウンターに着席した。
大きなコップに入ったお冷が届く。

Dsc02553_2
お目当てのまぜそばメニュー。普通のと辛いのがある。ほかはトッピングの違い。
並盛り(200g)と中盛り(250g)は同価格。まぜそばの中盛りをお願いした。

スタッフはひげの黒シャツの男性二人。一方は少し大げさなアクションでラーメン作り。
もう一方はそれと対照的に地味だが着実な動き。
茹で上げた麺を一度水で洗ってぬめりを取り、再度湯に入れて温める。10分後着丼。

Dsc02560_2
まぜそば(中盛り) 800円

黒ビキニの山本梓の如く、黒い丼に淡い色の素材が映える。赤い糸唐辛子がポイント。
ぱらりとブラックペッパーがかかる。

Dsc02562
デフォでうれしい生玉子が載る。自分は生玉子のないまぜそばは考えられない。

Dsc02563_2
チャーシューは刻んだサイコロ状。これは混ざりやすくて賛成。
ホロトロに崩れ、単体ではちょっとしょっぱめ。しかし具とすればこのくらいでいい。

Dsc02564_2
対照的に浅めな味のメンマは舌休め目的か?手裂きのように繊維がそろう。

Dsc02565_3
チーズが入る。しかししょっぱさを押さえ、ふわっと柔らかい白っぽい物がセレクトされる。

Dsc02566
麺はつけめんと同じ真っ黒い麺。極太ガチムチの剛麺。

Dsc02569_2
では、レッツまぜまぜ~。ぐるっと天地返し。
絡むタレはうまみ濃厚。自慢のホタテダシだろうがそれを強調しないおくゆかしさ。
こちら、しっかりダシを取っているから、ことさら調味料や油でごまかす必要はない。
しょっぱすぎず好感。玉子やチーズがマッタリ感を醸す。薬味のネギが鮮烈。
麺量250gは普通のラーメンの1.5倍の大盛り並。しかしなぜか食べられてしまう不思議。
女性でも中盛り推奨。

Dsc02570
少々タレを残し気味にしてスープ割りを所望。
「チャーシューか柚子が入りますが?」の問いに柚子を希望。
スープはかなり熱め。おかげで材料の香りが立つ。柚子とネギの香りが鮮烈。
一杯で二度おいしい。こちらでスープ割りは欠かせない。ぐぐーっと飲み干して丼を置く。

正直、800円は少々値段がいいが、中盛りにすればまあ納得か?
ネットでの検索では、こちらの味に対する賞賛と、場所の悪さを残念がる声がある。
「もっと日のあたるところへ」と思っているのは自分だけではないようだ。
しかし、一度行ってみる価値はあるだろう。大いにお勧めでる。

Dsc02599
お勘定時に頂いた手書きのクーポン券。コピー、写メしたものでも有効だという。
ちなみにこの写真をコピー、携帯に貼り付けても有効との事(お店に確認、了解済み)。
日ごろ、弊ブログをチェックしてくれるファンの方への特典。

Dsc02556_2
以前より駐車場は増えた模様。

Dsc02551

Dsc02572

麺屋 寅一郎

群馬県高崎市棟高町2541 堤ビル102(地図)

TEL 027-329-6442

営業時間 11:30~14:30 18:00~材料切れまで

定休日 不定休

喫煙 夜の部のみ可

駐車場 あり(10台)

交通アクセス 県道25号「高崎渋川線」を高崎から渋川方面へ走行。「三ツ寺」信号右折、約50m先右手のテナント中央。

« 継承 あっ晴れ 関店@岐阜県関市 | トップページ | らーめん一平 喜多方本店 2@福島県喜多方市 »

群馬のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/58385773

この記事へのトラックバック一覧です: 麺屋 寅一郎 2@群馬県高崎市:

« 継承 あっ晴れ 関店@岐阜県関市 | トップページ | らーめん一平 喜多方本店 2@福島県喜多方市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ