« らーめん一平 喜多方本店 2@福島県喜多方市 | トップページ | ら~めん大龍@福島県福島市 »

2013年10月23日 (水)

ほがらか食堂@福島県喜多方市

喜多方から山ひとつ越えた、小さな街に佇む。

Dsc02629
町村合併で喜多方市になった旧・山都町の一角。11時半頃到着。一番乗りである。

Dsc02634
こぢんまりした店内。
「いらっしゃ~い」と白衣の喜多方美人のおばちゃんから声が掛かる。
セルフの水を汲んで、テーブルに着席した。

Dsc02631
Dsc02632
メニュー
うおっ、昭和27年創業の老舗である。
ラーメンと丼物。あるいはそのセット。値段は店構えからすると高めか?
おばちゃんにデフォのラーメンをお願いした。
夫婦経営らしく、奥に白髪の男性の姿も・・・

やがて「おまちどうさま」の声と共に着丼であった。

Dsc02635
ラーメン 600円

Dsc02637
かなり醤油の色が濃い。丼の縁に油玉が光る。青ネギが鮮やか。

Dsc02639
油控えめのスープは、色ほど醤油感はなし。
動物感控えめ。カツオ風味と野菜のダシで甘め。けんちん汁風のやさしいスープである。

Dsc02642
「青竹うち」とあるから、てっきり佐野ラーメンを想像していたが・・・
平打ちではなく、厚みある長方形断面の極太縮れ麺。
食感も佐野のようなへろへろではなく、最初はやさしく噛む歯を受けるも、最後はしっかり抵抗するむっちり型。
かん水香らず、小麦の風味と甘みいっぱいのうどんライク・・・と言うよりモロうどん。
けんちん汁スープがよく似合う。

Dsc02643
チャーシューは昔ながらのモモ。
しかし決してダシガラではなくしっとりしたうまみを残す。さらに甘めのスープが染みて絶妙にうまい。

Dsc02646
メンマは塩漬け戻しと思われる。かなり浅めの味わいはいい舌休め。

Dsc02640_2
さすが食堂。お新香がつく。おばちゃんの手製か?

Dsc02648
正直、ラーメンというよりうどん。しかも心なごむ田舎うどんのようである。
12時近くになると、作業服の団体さんが二組。
メニューも見ずに「ラーメン二つ、大盛り二つ」と頼んでいる。常連だろう。
さらに一人、二人と来店。たちまち店は一杯になる。

喜多方ラーメンの地からわずか10キロ。しかしそれに全く影響されない独自の姿。
そして、鄙びたこの界隈で頂くにふさわしい一杯。大いにお勧めする。

Dsc00289
「うどん、うどん」と言っていたが、この界隈、実はそばの里。「新蕎麦まつり」が行われていた。

Dsc02630

Dsc02649
ほがらか食堂

福島県喜多方市山都町広古屋敷2764-1(地図)

TEL0241-38-2023

営業時間 10:00~16:00

定休日 水曜日

席数 テーブル4卓 小上がり2卓

喫煙 可

駐車場 あり(10台くらい)

交通アクセス 県道16号を喜多方から会津坂下方面へ走行。山都市街に入り、クランクに曲がるJR磐越西線の踏切を渡って・・・

Dsc00298
右カーブ左手です(^^)

« らーめん一平 喜多方本店 2@福島県喜多方市 | トップページ | ら~めん大龍@福島県福島市 »

福島のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/58428345

この記事へのトラックバック一覧です: ほがらか食堂@福島県喜多方市:

« らーめん一平 喜多方本店 2@福島県喜多方市 | トップページ | ら~めん大龍@福島県福島市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ