« 新正軒@群馬県富岡市 | トップページ | 継承 あっ晴れ 関店@岐阜県関市 »

2013年10月14日 (月)

川崎屋食堂@群馬県富岡市

日本一高い?上信線・上州富岡駅前に佇む。

Dsc02508
よくある駅前の食堂。昔ながらのサンプルが並ぶ店前。出前カブが似合う。

Dsc02510
「いらっしゃい」
1時頃到着。上州美人のママさんに迎えられた。
市役所も近く、昼時は混むであろうが当日は休日。先客は小上がりに家族連れ一組。
やはりうれしいパイプテーブル&イス。「ガガガガ」と引いてテーブルに着席。

Dsc02515
Dsc02511
メニュー
駅前という立地、不特定多数のお客さんが相手。メニュー豊富。
ラーメン、ご飯物、丼物、定食と豊富。オムライスなど昔なつかしい「洋食」も並ぶ。
食堂ならではの合体メニュー「カレーラーメン」や「カツラーメン」も・・・
カレーラーメンはラー友さんに譲って、カツラーメンをお願いした。
白衣・白帽の店主が配膳する、先客のラーメンのいいにおいが堪らない。期待した。
10分後、ママさんから着丼。

Dsc02517
カツラーメン 650円

Dsc02518
透き通った金色のスープが美しい。明るい感じで好感。
ベースはオーソドックスな中華そば。その中央に小ぶりのカツが載る。

Dsc02519
あまり油が浮かないあっさりタイプ。
鶏ガラ感いっぱいのやさしめなスープ。野菜感がフォローする。醤油はかなり控えめで上品。

Dsc02521
麺は細め。わずかにウェーブする。
加水は少なめで小麦の風味と甘みいっぱい。表面は糊化のため滑らかな啜り心地。
結構モチモチ。軽めなスープとよく合っていると思う。

Dsc02524
カツは薄め。処理が丁寧なので油っこくなくスープを濁らせない。
衣に染みこんだスープがいい味付け。

Dsc02526
カツのほかにチャーシューが一枚載る。薄めのロースは塩気薄めのハムライク。
適度にスープが染みこみ、噛むと肉汁とともに滲み出して口中に広がる。

Dsc02530
かりっとした歯応えのメンマ。ほんのり甘め。

Dsc02528
この穏やかな一杯ではなかなか存在感ある甘みをもたらしたナルト。

Dsc02531
じっくり、じっくり・・・噛み締めるように頂いた。歴史を感じさせるラーメンであった。
完食・完飲。レンゲと箸を置いて、ふーっとため息をつく。

Dsc02534
店前に貼ってある説明書き。やはり老舗。
富岡製糸場同様、食堂・中華屋のラーメンも世界遺産にしたい。大いにお勧めである。

Dsc02532
Dsc02533
川崎屋食堂

群馬県富岡市富岡1419-1(地図)

TEL 0274-62-0033

営業時間 未確認

定休日 未確認

席数 テーブル4卓 小上がり1卓

喫煙 可

駐車場 未確認

交通アクセス 国道254号(旧道)を藤岡から長野方面へ走行。富岡市街に入り「裁判所入口」信号の次の路地右折、駅方面へ(一方通行)、突き当たり手前右手。上信線「上州富岡」駅下車。駅を背にしてすぐ前左手二軒目。

« 新正軒@群馬県富岡市 | トップページ | 継承 あっ晴れ 関店@岐阜県関市 »

群馬のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

非常に趣ある食堂ですね。このような食堂が多数残っている富岡。
取っておいてもらった“カレーラーメン”も頂くためにも、期をみて是非とも訪問してみます(^-^)

>>ランディさん

ローカル線の駅前はお宝が眠っていそうです。
そちらですと、わたらせ渓谷鉄道・・・ローカル過ぎでしょうか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/58340289

この記事へのトラックバック一覧です: 川崎屋食堂@群馬県富岡市:

« 新正軒@群馬県富岡市 | トップページ | 継承 あっ晴れ 関店@岐阜県関市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ