« ラーメンこうへい@福島県喜多方市 | トップページ | ラーメン燈郎@東京都葛飾区 »

2013年11月 4日 (月)

しょうや@福島県郡山市

国道4号から程近い、郡山市街に佇む。

Dsc02737
通し営業。14時頃到着。車を駐め、道から一段高いため階段を登る。

Dsc02741
「いらっしゃいませ」若い郡山美人に迎えられた。
甘い醤油の香りが漂う。明るくこざっぱりしたおしゃれな店内。
この時間でもアベック、家族連れなど三組・6人ほどのお客さん。
スタッフは男性二人、女性一人の体制。カウンターに着席した。

Dsc02739
メニューはいたってシンプル。醤油ラーメンだけ。チャーシューメンや大盛りがあるのみ。
お冷を頂いた店員に「醤油ラーメン」をお願いした。7分ほどで着丼であった。

Dsc02744
醤油ラーメン 650円

Dsc02747
昔ながらの中華そばのイデタチ。わずかに濁りの琥珀色のスープに大きな油玉がいくつも浮く。

Dsc02748
ふわっと立ち昇る醤油のコクのある香り&魚節の香り。
スープを一啜り。すっきり冴えた醤油のうまみとガラ感、節感、和風のうまみが調和した軽やかな味わい。
カツオ風味のそばうどん汁のようなやさしい甘みあり親しみやすい。

Dsc02749
麺はわずかにウェーブする中細麺。加水率は少なく、麦のうまみがぎゅっと圧縮される。
ちょっと粉っぽく、サバサバ啜りこんで噛むとパッツンとはじける。

Dsc02750
チャーシューは薄く大きなモモ肉。
ダシ用でもあろうが、豚のうまみが多く残り、噛むと肉汁が滲み出す。

Dsc02752
メンマはさりげない浅めの味付け。

Dsc02754
やはりこの手の「中華そば」にはナルトが似合う。

Dsc02755
昔ながらの、まだラーメンがそばと分岐されてない時代のラーメン思わせる一杯。
じっくりじっくり、レンゲで味を確かめるように頂いた。完食・完飲・・・

こちら、元はそば屋。今は無き名店「ますや分店」の味に感動、ラーメン屋に転身したという。
そして、その味の再現ぶりは、閉店を惜しむますや分店ファンの絶賛ぶりでもわかる。

幻の名店の味ここにあり。大いにお勧めである。

Dsc02736
Dsc02738
しょうや

福島県郡山市大槻町字御十日1-1(地図)

TEL 024-954-6330

営業時間 11:00~20:00(スープ切れ終了)

定休日 木曜日

席数 カウンター7席 テーブル4卓 小上がり3卓

喫煙 不可

駐車場 あり

交通アクセス 国道49号を会津から郡山方面へ走行。「開成六丁目」信号右折、約250m先の信号手前左手。

« ラーメンこうへい@福島県喜多方市 | トップページ | ラーメン燈郎@東京都葛飾区 »

福島のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/58483073

この記事へのトラックバック一覧です: しょうや@福島県郡山市:

« ラーメンこうへい@福島県喜多方市 | トップページ | ラーメン燈郎@東京都葛飾区 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ