« ラーメン燈郎@東京都葛飾区 | トップページ | 老麺 まるや@福島県喜多方市 »

2013年11月 8日 (金)

吉本屋 2@福島県喜多方市

冬はタンメンがうまい!

Dsc02858
こちら、喜多方ラーメンガイドマップでタンメンを載せていた。
土日祝は朝7時から営業。しかも当日は雨で気温は低め。タンメン日和である。

Dsc02863
朝8時頃到着。すでに駐車場には車が3台駐まっていた。がらりと戸を開ける。
気のいい感じのママさんの「いらっしゃいませ」の声と、早めのストーブに迎えられた。

Dsc02862
前回はご夫婦らしい男女のスタッフだったが、今回はもう一人喜多方美人が見えた。
おいしい喜多方の水を持ってきていただいた店員にタンメンをお願いした。

先客はきっと常連さんらしく、ママさんとの会話も弾んでいた。
厨房からは鍋を振るう音や油のはじける音が聞こえる。8分後に着丼であった。

Dsc02867
タンメン 700円

Dsc02869
油が乳化、細かい粒子となって薄っすら濁るスープに、色とりどりの野菜が浮く。

Dsc02870
スープからは熱気と湯気が立ち昇る。ふうふう・・・ずずず・・・
一緒に炒められた野菜の甘みと、ダシのガラ感がしっかり調和。そこに塩がサポート。
タンメン好きなら誰でも虜になる、塩ラーメンのスープともちょっと違うやさしく豊かな味。

Dsc02873
麺はラーメン用よりやや幅広?の平打ち麺は表面滑らか。しっかりシコシコ腰がある。
わずかに色粉で着色するのがタンメンの麺。わずかに黄色みが強い。

Dsc02876
箸を進めるたびに立ち昇る湯気。これがタンメンのうれしいところ。
モヤシ、白菜、ニンジン、ニラ、玉ねぎ、きくらげ、豚コマ・・・
スープで煮られるため、単なる茹で野菜とは違い野菜にうまみが入る。一体感あり。

Dsc02878
こんな風に野菜と麺を一緒に頂くと、シコシコとシャキシャキが一緒に楽しめる。

Dsc02872
こんな一皿が付くのも食堂ならでは。

Dsc02879_2
ボリュームたっぷり。空きっ腹を抱えた自分には何よりのご馳走。丼の底まで味わう。
アットホームな雰囲気もいい。身も心も温まった。

世の中には「タンメン大好き」と言うラヲタも多い。こちらで「朝タン」、大いにお勧めである。

Dsc02880
駐車場は、店のすぐ横。

Dsc02861_2
Dsc02859
吉本屋

福島県喜多方市熊倉町字熊倉789(地図)

TEL 0241-22-1828

営業時間 10:00~14:00 17:00~19:00 土日祝7:00~14:00

定休日 不定休

席数 カウンター3席 テーブル3卓 小上がり2卓

喫煙 可

駐車場 あり

交通アクセス 国道121号を会津若松から米沢方面へ走行。バイパスに入り二つ目の信号を「熊倉」方面へ右折、県道337号へ。約3,300m先、三つ目の信号角左手。

« ラーメン燈郎@東京都葛飾区 | トップページ | 老麺 まるや@福島県喜多方市 »

福島のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/58521304

この記事へのトラックバック一覧です: 吉本屋 2@福島県喜多方市:

« ラーメン燈郎@東京都葛飾区 | トップページ | 老麺 まるや@福島県喜多方市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ