« こやなぎ@山形県米沢市 | トップページ | 支那そば 山岸家@福島県福島市 »

2013年12月31日 (火)

らぁめん 赤星 4@埼玉県深谷市

年越しそばを食べに一番乗りを狙った。開店時間ちょうどに到着。

Dsc03797
が・・・( ̄□ ̄;)
何だよっ!この行列はよっ!なかなかの注目度。油断したOrz
8番目にジョイント。イケメンの若い店員がノレンを掛け、ぞろぞろっと入店する。

Dsc03799_3
前客でフルカウンター。一人で占領するのは気が引けるが・・・小上がりに。
客層はアベック、親子連れの一般人ばかりでラヲタは皆無。

Dsc03798
本日は年越しそば。「和そば」と決めてきた。お冷を頂いたママさんにお願いした。
暮れも押し迫っているが、この中だけはゆったりした時間が過ぎる。
こちらのオペはかなり慎重。ゆえに若干待たされるが・・・きっと客は承知では?
15分後、着丼であった。

Dsc03802
和そば 680円+味玉 100円

Dsc03805
「和そば」にふさわしい丼。淡い感じのスープに、これまたパステルカラーの麺や具が調和。

Dsc03807_2
油はぽつぽつ浮く程度。色通り醤油は主張穏やか。
ほんのり甘めは、どちらかと言うと魚節より昆布などの海草のうまみか?
素材の味を大事に、調味料はサポートに徹する。

Dsc03810_2
麺は中細の縮れ麺。啜ると「ぞぞぞぞ・・・」といい音がする。
遠慮なく音を立てるのがラーメン食いのいい所。行儀よくなんて食べない。
モチモチとボソボソが同時に楽しめる茹で具合。かん水の香りがほんのり・・・

Dsc03814_2
相変わらず絶品のチャーシュー。しっとり柔らかく弾力あり。ジューシー。
味付けはそこそこ。噛み締めるとうまみ汁が滲み出す。

Dsc03815_2
長~い穂先メンマがとぐろを巻く。
手咲きのようにそろった繊維が走るそれはシャッキリ柔らか。素材の味を引き出す味付け。

Dsc03812
半熟の黄身が濃厚な味わい。きっと店主こだわりの素材だろう。こちらで味玉は欠かせない。

Dsc03816
最後のほうは、しっかり海苔巻き麺にして海の香りを楽しむ。
卓上に唐辛子があった。お好みで・・・自分は使わなかったが・・・

Dsc03817
最近のラーメンとは明らかに一線を画したラーメン。そして素材の味優先の味付けは京風。
店主、東京の下町育ちと言っていたが、実は京都の間違いじゃねーのか?と思うほど。
お勘定時に「しっかり人気行列店だね」と声をかけると、店主うれてれ笑い。

一見、何の変哲もないが、その味の深さ侮り難し。「和そば」大いにお勧めである。

Dsc03818
年末年始休業。新年は5日から営業。

Dsc03821_2

らぁめん 赤星

埼玉県深谷市西大沼344-17(地図)

TEL 未確認

営業時間 11:30~14:30 17:30~21:00

定休日 木曜日 第二、第四水曜日

席数 カウンター7席 小上がり2卓

喫煙 昼の部不可 夜の部可

駐車場 あり(店前3台)

交通アクセス 国道17号線を本庄より熊谷方面走行。「ボートピア岡部」を過ぎて右方面「深谷市街」方面へ。左手の「ラーメンあじ平」裏。「ファミリーブック大沼店」隣。

« こやなぎ@山形県米沢市 | トップページ | 支那そば 山岸家@福島県福島市 »

埼玉のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/58849318

この記事へのトラックバック一覧です: らぁめん 赤星 4@埼玉県深谷市:

« こやなぎ@山形県米沢市 | トップページ | 支那そば 山岸家@福島県福島市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ